動物園の裏側へ!飼育員のお仕事体験

動物園の裏側へ!飼育員のお仕事体験

普段は見ることのできない珍しい生き物たちと出会える動物園。
見るだけでも迫力満点で楽しいひと時を過ごすことができますが、もっとディープな体験をすることで、より一層動物たちとの距離を縮めることができますよ。

飼育員体験でいつもと違う動物園



動物園ではたくさんの飼育係の方々が、朝から晩まで一生懸命に動物たちの世話をしています。
そこには普段私たちが目にすることのない、動物たちの本来の姿があるのです。

日本各地にある様々な動物園では、子供たちに少しでも飼育員の仕事を知ってほしいという事で、飼育員体験などの企画を実施しています。

飼育室の掃除や動物たちの体調チェック、餌やりなど色々な体験ができますよ。

飼育員体験のメリット


動物園で飼育員体験をすることは、色々なメリットがあります。

まず何よりも楽しめるという点。
見るだけでなくお世話をするのは、子供だけでなく誰でも楽しめる特別なことですよね。

次に、子供たちが生き物に興味を持つきっかけになるという点。
生き物に興味を持つことで、自然を大切にする優しい心が芽生えます。

そして同時に、生き物を飼育する大変さを学ぶこともできます。
生き物を人間の手で管理することがどれほど大変なことであるかを学び、自分自身がペットを飼う際に、何が大切なのかを考えるようになるのです。

飼育員体験の注意点


飼育員体験は実は子供たちに大人気の企画。
しかも年中実施している動物園は少なく、夏休みなどの期間限定で行われていることがほとんどです。

そのため「やりたい!」と思った時には予約がいっぱいで取れないことも…。
できるだけ早く実施している動物園を見つけて、申し込んでおくようにしましょうね。

また体験の際には服装にも注意が必要です。
体験当日は汚れていもいい服装、動きやすい服装を心がけるとともに、
色に反応する動物も多いので、赤やオレンジなどの派手な色は控えます。
もちろん、ポケットの中などに食べ物を入れておくのも厳禁ですよ。

以上のことに注意して、ぜひいつもと違う動物園を味わってみてくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加