知って得する春野菜の保存方法 ~タケノコ編~

知って得する春野菜の保存方法 ~タケノコ編~
ゆきとも
執筆を依頼する
今が旬の、春野菜を代表する野菜・タケノコ。
タケノコご飯に煮物…、どんな調理でも美味しいですよね。
沢山ゆでたとき、みなさんは保存方法どうしていますか?
ここでは、タケノコの保存方法を紹介します。
タケノコを掘ってきた状態からゆで方、保存の仕方まで、これでタケノコ通になれますよ。

タケノコのゆで方

1.
掘ってきたばかりのタケノコは、外側の厚い皮を2~3枚剥がしてからよごれを洗い流します。
落ちにくい場合はタワシなどを使うと良いでしょう。

2.
洗ったタケノコは、頭の部分に斜めに包丁を入れ、5cmくらい切り落としたら、
縦に1/3~1/2程度切り込みを入れます。切り込みを入れた部分に手を入れ軽く広げます。

3.
鍋にタケノコが完全に浸かるくらいの水を入れます。タケノコを入れたら米ぬかを1カップ程度入れます。
※米ぬかがない場合は、米のとぎ汁でも代用できます。

4.
お湯が沸騰しだしたら弱火にしてゆでます。水が減ってきたら足してください。
ゆで上がりの目安は、タケノコに竹串を刺した時にすっと通るくらいです。
※圧力鍋を使うと時間短縮になるので、おすすめです。

5.
ゆで汁に浸したままじっくりかけて冷まします。
間違っても冷水につけてはいけません。風味が損なわれてしまいます。

タケノコの保存方法

タケノコを保存する場合は、ゆでたままの状態ではなく、
半月切りかいちょう切りなど保存しやすい大きさに切って保存します。

ポイントは、タケノコと一緒に砂糖をまぶして冷凍バッグに入れて冷凍すること
冷凍したものを煮る場合、冷凍したタケノコを煮汁にそのまま入れるだけでよいので簡単です。
砂糖を入れているので、調理する際には気をつけてくださいね。



いかがでしたか。
今が旬のタケノコですが、一気に沢山もらったりすると保存方法に困りがち。
これを見て参考にして頂けたら嬉しいです。
冷凍庫いっぱいになったタケノコ。早く消費することが一番ですので、旬のうちに食べきりたいですね。
ゆきとも
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加