栄養価の高い春野菜を学ぼう!!

栄養価の高い春野菜を学ぼう!!
ゆきとも
執筆を依頼する
春野菜は栄養価の高いものが多いことをご存知でしょうか。
旬のものを食べると健康になるという説は、栄養のある食材ばかりだからでしょう。
春野菜は、長い冬の間にエネルギーをたっぷりと蓄えています。
春野菜を沢山食べて元気もりもり!ここでは春野菜の効能について紹介します。

【春キャベツ】
春キャベツは食物繊維が豊富で、胃腸の健康に効くことをご存知でしょうか。
お腹の調子が悪く、便秘がちな方は春キャベツを多めに食べることをおすすめします。
また、ビタミンUは肝臓を助ける働きをしてくれるので、お酒を飲む方におすすめです。
春キャベツのおつまみはいかがでしょうか。

【新たまねぎ】
たまねぎは血液サラサラ効果がありますが、新たまねぎも同じです。
血液サラサラのもととなる硫化アリルは熱に弱いので、新たまねぎは生で食べることがおすすめです。

【アスパラガス】
アスバラガスには、アスパラギン酸とビタミンB1が含まれており、これらは新陳代謝を促す効果があります。また、スタミナをつける働きもあり、疲労回復とスタミナアップの効果が期待できます。

【菜の花】
カロチン、ビタミンCを含んでいる為、免疫力を高め風邪を予防する効果があります。
また、カルシウムも含み肩こりやイライラ、骨粗しょう症の予防に効果的です。

【せり】
カロチン、カリウム、鉄、食物繊維を多く含んでおり、冷え性改善や解毒、解熱の作用があります。
カリウムは余分な塩分を排出し、高血圧や動脈硬化の予防に効果的です。
鉄は貧血改善になり、油で炒めるとカロチンの吸収率が高まります。

【タケノコ】
食物繊維を多く含み、便秘解消やコレステロールの吸収を抑え体外へ排出する働きがあります。
 


いかがでしたか。
春野菜を学ぶことで、季節感を味わうことができたでしょうか。
積極的に取り入れたい野菜ばかりですから、沢山摂って健康維持を心がけましょう。
身体の中から健康が一番です!
ゆきとも
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加