着こなしでこなれ感をだす:第一回 スーツの着こなし方(シャツの選び方)

着こなしでこなれ感をだす:第一回 スーツの着こなし方(シャツの選び方)
身だしなみを整え、こなれた印象になる着こなし

<サイズ選び>

シャツをカッコよく、きれいに着こなしている方は少ないですよね。
シャツは胸で着るものといわれており、胸板がある方や外国人の方がきれいに着こなしています。
シャツを購入する際、皆さんは胸サイズや首のサイズをちゃんと測って購入していますか?
胸サイズだけではなく、首のサイズも見て購入されないとサイズが合ってない感が出て
野暮ったい印象になってしまいます。
首まわりのサイズはとても大事です。首まわりのサイズが大きいと袖の部分が長くなり、
シャツに着せられた感じになりとても不恰好になってしまう恐れもあります。
全体にフィットするのはよいことですが、特に胸まわりがフィットしていると、いやらしい感じさえします。
ウエスト(腰)周りは、軽く体のラインに沿うようにするスマートな感じがし、こなれた印象になります。
フィット感ひとつで、野暮ったい感orスマート感の分かれ道ができてしまうのです。

<下着感を出さない>

また、これからの時期はクールビズということもあり、シャツ一枚になることも多いかと思います。
汗染み等が目立たないように下着を着用している方もいますが、下着は白では目立ってしまうため、
なるべく肌色に近いものを着用する方がスマートな印象になります。
肌色なんてと思われるかも知れませんが、人前で服を脱がなければならない場合以外は、
なるべくなら下着が目立たないような色合いのものを着用することをおすすめします。

<肌に合わせる>

シャツは色合いも大事です。
単に白を着ていればよいというわけではありません。白でも色々な白があります。
アイボリー寄りの白、ブルー寄りの白やマットな白、光沢のある白のように色々な白があります。
ご自身の顔色にあった白を選ぶと、魅力もアップすること間違いないしです。
白はレフ板のように顔映りはよいですが、色白の人が青みがかった白を着ると顔色が悪く見るものです。
色白な方であればアイボリーやピンク寄りの白や光沢ある白を選ぶことで、顔移りがよくなり、印象アップです。
色黒の方であればアイボリー寄りの白やマット、光沢のあるもの、どちらでも顔移りがよくなることも。
それぞれに合う白があるので、お店で白だからとサイズだけみて購入するのは避けましょう。
お店によってはシャツの特色があり、いろいろなお店を見て回るのもよいかと思います。

好きなシャツの色を着られるオフィスであれば、ご自身の顔映りのよいカラーシャツを選ぶことによって
全体の印象も上がり、「センスのよい人」とみられること間違いなしです。
ご自身でわからない場合は、パートナーやお店の店員に聞いてみるのもよいことです。
パートナーとの絆が深まったり、思わぬ似合うシャツに出会えるかも知れません。
このエントリーをはてなブックマークに追加