「焙煎屋が語る、裏ワザ・雑学コーヒー論!」第1回:徹底比較!インスタントコーヒーは本当に割安か?

「焙煎屋が語る、裏ワザ・雑学コーヒー論!」第1回:徹底比較!インスタントコーヒーは本当に割安か?
donabecoffee
執筆を依頼する
私は自家焙煎コーヒー豆店を営んでいる者です。

たまにコーヒーを飲みに来たお客様から、

「コーヒーは好きだけど、うちではインスタントしか飲まないのよね…」

などという話を耳にします。

少し掘り下げて聞くと

「簡単だし安いから…」とのこと。

そんな時必ずお話するのが、

「でもインスタントって、それほど割安ではないんですよね…」

という事実。

大抵のお客様は「うそ?」と驚かれます。

実はこれ結構、コーヒー愛好家の間ではよく言われることなのです。


もちろん、インスタントも、レギュラーコーヒーも価格や量はピンキリです。

だから同じ条件で比較するのは難しいのですが。

ネット通販価格を参考に、コーヒー1杯分の価格をざっと並べてみると…
(インスタントコーヒーは1杯3g、豆は1杯10gで計算)

・喫茶店やカフェでのコーヒー 250~500円
・コンビニのテイクアウトコーヒー 100~300円
・缶コーヒー 50~120円
・専門店の豆を自分でドリップした場合 30~100円
・量販店の豆を自分でドリップした場合 15~50円

そして問題の…

インスタントコーヒー 9~30円…


どうでしょう…?

あなたはどう思いますか?

ちなみにインスタントコーヒーは、

有名メーカーの商品だと、のきなみ1杯が15円を越えました。

15円以下のものは輸入モノや無名の商品が多い感じでした。


そう!

つまりインスタントコーヒーの値段は、安いレギュラーコーヒーのコストとほとんど変わりません。

しかも商品によってはインスタントの方が高いです…


とはいえもちろん、インスタントならではの「手軽さ」というのはありますよね!

インスタントを否定するつもりは全くないのですが、

少なくとも価格コストだけという観点だけ見ると、

必ずしもインスタントは割安ではない!

と焙煎屋的には思うわけです。
donabecoffee
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加