イライラを減らす工夫を凝らそう

イライラを減らす工夫を凝らそう
みさみさ
執筆を依頼する

ジュースをこぼして、おもらしをして、わがままを言って、グズグズして…
子供との生活はとにかくイライラの連続。

気が付けば一日中イライラして怒ってばかり…
なんてお母さんも多いですよね。

こんなに怒ってばかりのはずじゃなかったのに…と自分を責めていませんか。
そんな時は怒る前にまず諦めてみませんか。

イライラしない工夫を



子供が粗相をした時、怒りたくなる気持ちはわかります。
こぼしたものを掃除したり、汚した服や絨毯など洗濯も山積み。
やることが多すぎてついイライラしてしまいますよね。

でも、まだ生まれて数年の子供たちに、完璧を求めるのは大きな間違い。
こぼす・汚すは子供の成長過程に欠かせない行為なんですよ。
こぼすこと・汚すことは当たり前のことなんだと諦めてみませんか。

イライラするのは子供がこぼすからではなく、その後始末が大変だからですよね。
だったら後始末が簡単な工夫を凝らしてみましょう

・汚してもすぐふき取れるフローリングやマットにする
・倒れてもすぐには全部こぼれない蓋付きマグを使う
・おやつは外やベランダで食べる
・おやつはゼリーやヨーグルトを中心に与える
・ポップコーンやポン菓子など粉が出ないお菓子を選ぶ

汚さないための工夫は意外にたくさんあります。
少しでもイライラを減らして、より良い関係を築きたいですよね。

汚したら一緒に掃除


それでも全く汚さないなんてことは不可能。
一日に何度も掃除しなければならないこともあるでしょう。

そんな時は、子供に掃除を頼んでみましょう。
自分でこぼしたところは自分で掃除する。
そう躾けていけば、子供自身が掃除の大変さを学んで、なるべくこぼさないための注意力が養われていきます。

子供が粗相をしたら親が後始末をするというのは間違い。
小さくても自分のことは自分で責任を取らせていきましょう。

少しの工夫でイライラは減っていきますよ。
肩の力を少し抜いて、自分一人で抱え込まないようにしましょう。
みさみさ
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加