良質な睡眠で美肌へ

良質な睡眠で美肌へ
今日は、美肌最終章です。

質の良い睡眠を心がけ、前日の疲れを翌日に持ち越さないようにしましょう。




就寝1時間前にはテレビ・スマホ・パソコンなどをいじらない




良質な睡眠をとるためには、脳がおだやかに安定した状態であることが大切です。
そのためにも、テレビ・スマホ・パソコンといった目から刺激が入り
脳が元気になってしまう要因は極力さけたほうが良いでしょう。
就寝1時間前までには光を遮断し、心を落ち着かせることをオススメします。
肌が色素沈着やくすんでしまう恐れもあるので気を付けましょう。

まずは一度トライしてみましょう。
翌日の目覚めが違いますよ。



寝る前にホットミルクを飲む



就寝前にホットミルクを1杯飲むと、心が落ち着き寝つきがよくなると言われています。
筆者もよくホットミルクを実践しています。
アイスミルクにしてしまうと体を冷やしてしまい体の臓器も驚いてしまいますので、
夜はホットがオススメです。


就寝時間は1日6~7時間



人により睡眠は3,4時間でもOKという方もいらっしゃいますが、それは珍しいパターンです。
前日の疲れを癒し翌日に持ち越さないためには、6~7時間の睡眠が必要だと言われています。


適度な運動をおこなうことで充実した睡眠が確保される


年齢があがるにつれ運動をする機会がなくなるかと思います。
しかし適度な運動は大事です。
運動をすることで刺激が出て体も元気になり、ぐっすり眠れます。
散歩がてらウォーキングをしてみるのも良いでしょう。
ランニングで活動量を増やしてスッキリ感を味わうのもオススメです。
自分に合った運動を見つけて良質な睡眠を心がけましょう。


いかがでしたか?

ぐっすりと眠れるためのアドバイスをご紹介しました。
できることから始めていきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加