ソウルのおすすめカフェ15選ー14 工場見学気分が味わえるカフェ

ソウルのおすすめカフェ15選ー14 工場見学気分が味わえるカフェ

カフェ巡りが楽しい街、弘大

カフェが大好きなソウルっ子たちが集まる場所、弘大(ホンデ)エリア。
最近では、ベーカリーショップやスイーツの専門店も軒並み店舗が増えています。
この街はいつも新しい話題でいっぱいです。
気になるお店をはしごして、1日中カフェ巡りをするのも楽しいですよね。
今回は弘大エリアの南側、上水駅からお散歩をスタートしましょう。

上水駅4番出口を出て街路樹が続く静かな住宅街の道へと進みましょう。
のんびり歩いていると、コンクリート造りのカフェAnthraciteが見えてきます。
遠方からも来ているのでしょうか。いつ訪れてもカフェの前は車でいっぱいです。
あらかじめ予習しておかないと、ちょっと見つけづらいお店かもしれません。
観光客よりも地元の方の利用が多いので現地感を味わえると思います。


元靴工場を再利用したカフェ


Anthraciteは、自家焙煎工場を兼ね備えた大箱のカフェです。
元々靴工場だったという建物をカフェにリノベーションしています。
店内へ入るとお昼でもダウンライトが少し薄暗い印象の店内。
アジトに遊びに来たような感じがします。
カウンターでは、おいしそうな焼き菓子やチョコレートがスタンバイ。
ズラっと並んだ赤のコーヒードリッパーがまたおしゃれですよね。
次々と入ってくるオーダーに対して、バリスタの方がてきぱきとコーヒーを淹れています。

コーヒーを受け取ったら2階へ上がりましょう。
客席フロアには工場時代に使われていたレールなどが残っています。
それも今では、個性的なインテリアとしてカフェに馴染んでいる様子。
店内で使われている家具は購入もできるそうです。
コンクリートのクールな印象に合わせたシルバーやガラスなど無機質な素材に、
ところどころ温かみのある木製家具や差し色を加えたシンプルなコーディネート。
自宅のインテリアのアレンジの参考になりそうです。
ほとんどの席が常に満席状態。次々とお客さんが入れ替わっていきます。

靴工場からコーヒーの焙煎工場へ


1階カウンターの奥には大きな焙煎機が4つもあります。
店内に入るなり目に入るので、思わずオーダーを後回しにして駆け寄りたくなるほどかっこいい。
手前にはベルトコンベアが見えます。ちょっとした工場見学気分が味わえますね。
焙煎職人がカッピングをしている最中なのか、たくさんのカップが並んでいます。


豆の選出から焙煎に至るまで、丁寧な作業でコーヒー好きから熱い支持を得ているAnthracite。
写真はエチオピア イルガチェフェ。最近日本のカフェでも人気の豆ですよね。
フルーティな味わいでさっぱりとしています。
甘いものと一緒にオーダーするのがおすすめです。
コーヒーにはこのように豆の種類や特徴などが書かれたカードが添えられています。
次回の来店時にもリピートしやすいですよね。


ファッション、アート、音楽と文化の流行をリードするエリアだけに
カフェ部門も常に話題でいっぱいです。
なにか新しいものを探したいときは弘大へ行ってみましょう。
街を歩いていると、まだどこにも情報の出ていないお店を発見できるかもしれませんよ。


Anthracite
住所:서울특별시 마포구 합정동 357-6
営業時間:11:00〜0:00
アクセス:地下鉄6号線 上水駅4番出口から徒歩約10分
HP:http://www.anthracitecoffee.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加