★快適な旅のために…★クルーズ旅行の持ち物「あったら便利!」

★快適な旅のために…★クルーズ旅行の持ち物「あったら便利!」
まめ*とり
執筆を依頼する
クルーズ旅行は通常の旅行とは少し異なり、
船で長期間旅をするので、「あると便利!」な持ち物や、
「持って行ってはいけない」持ち物もあります。

快適に旅行をするためにも、持ち物の準備はしっかりしていきましょう♪



■□■『電源』周りの持ち物を中心に充実させましょう!


携帯電話・パソコン・デジタルカメラ…
海外旅行に持っていく物で、電気を使うものは非常に多いですね。
そして、これが2人・3人…となっていくだけ、
電源の確保がますます重要となっていきます。

そこでクルーズ船ならではの持ち物注意点をご紹介します。

【1】電源タップ

多くのクルーズ船で、実は日本用電圧のコンセントがあるため、
変圧器を持っていかなくても事足ります。

そのため、その電源につなぐ「電源タップ」があるととっても便利!
変圧器を使わないため、より安全に複数の電気が利用できます。


【2】ヘアーアイロン

これは利用できない物になります。
クルーズ船は熱を発する物は利用できないことになっていますので、
ヘアーアイロンや持参したドライヤー、アイロン、
湯沸しポットなどは利用できません。
(ドライヤーは船に付属しています)

持参はできますが、船に乗る際に預かりを受ける場合もあります。
この場合、下船時に受け取りをする必要がありますので、
不安な場合は海外へ持っていくこと自体をやめましょう。

また、預かりを受けなかった場合でも、
船内で利用するのは控えましょう。

【3】洗濯ハンガー

長期の旅行になるため、簡単に物が干せる洗濯ハンガーがあると
衣服を減らすのに便利でしょう。
また、汚れてしまった場合にも、軽く洗って干すことができるので
小さなタイプでも持っていくといいですね。

クローゼットにハンガーは付属していますが、
取り外しができませんので、持っていく必要があります。

~日本仕様のコンセントがあるのは便利ですね!~


■□■海外旅行保に入ってますか?
クレジットカード付帯の保証も要注意です!


皆さんは海外旅行をする際に海外旅行保険に入りますか?
もしかしたら、2,3泊程度の旅行であれば入らない、なんて方も
いるかもしれませんね。

クルーズ旅行は1週間以上の長期旅行となるケースが多いです。
その分、万が一のケースも増えますので、
必ず海外旅行保険には入りましょう。

また、中には「クレジットカードに無料で付帯している保険でカバーをする」
という方もいらっしゃるかと思います。
この場合も、必ず保障内容を確認しておき、
足りないと思ったら、追加で海外旅行保険に入りましょう。

実は年会費無料のクレジットカードについている海外保険は、
外傷(ケガ)に対する保障はあるものの、疾病(病気)に対する保障はありません。
この場合、腹痛・頭痛などで病院にかかった場合は保険がききません。

また、疾病も保障してくれるが、
「そのクレジットカードで支払いを済ませた場合のみ」などの
制限がある場合がほとんどです。

「保険がきくと思って病院にかかったが、ダメだった!」
となると、せっかくの旅行も最後で残念なものになってしまいます。

事前の準備をしっかりしていきましょう!

~空港にも海外保険申し込みカウンターがあるので、
忘れてしまった場合は空港で申し込みをしましょう!~


さて、次回は寄港地の観光方法を解説します!
「個人旅行」か「エクスカーション」か?
それぞれのメリット・デメリットを考えて、最適な観光方法を選びましょう!
まめ*とり
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加