~どうする?寄港地観光!~個人旅行?エクスカーション?

~どうする?寄港地観光!~個人旅行?エクスカーション?
まめ*とり
執筆を依頼する
さて、今回は寄港地での観光方法についてお伝えします!

クルーズ船の観光方法は大きく分けて2つあります。
下船後はすべて自力で観光する「個人旅行」、
もしくは「エクスカーション」と呼ばれるツアーに参加することです。

それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう!


■☐■「個人旅行」のメリット・デメリット


【メリット】
・自由に動ける!
・ツアー代がかからないため、観光費用が安く済む。

【デメリット】
・すべて自分たちでやらなければならない。
・ぼったくりなどの危険性がある。
・常に時間を気にして動く必要がある。

個人旅行の良さは、その自由さにあります。
行きたい観光スポットへ行き、好きな時に食事をとり、
ペースも自分達次第です。

一方で、海外という不慣れな土地で
「すべてを自分たちでしなければならない」点は
大きなデメリットと言えるでしょう。

寄港地の観光時間は短時間になりますし、
船の出航時間の1時間ほど前には、戻っている必要があります。
万が一乗り遅れた場合は、次の寄港地まで自力でいかなければならなくなり、
時間のプレッシャーもあるでしょう。

個人で観光をする場合は、スムーズにするためにも、
日本にいるうちに、しっかりと観光プランを練っていくことが大切です。
それが出来そうでなければ、個人観光は控えたほうがよいでしょう。
逆に言えば、事前に準備ができれば、個人で楽しむことができます!

~こんな可愛いトレインに乗れるのは個人旅行ならでは!~


■☐■「エクスカーション」のメリット・デメリット


【メリット】
・基本的にバス移動になるので、移動が楽。
・ぼったくりなどの心配がないため、安全。
・時間を気にして動く必要がない。

【デメリット】
・お金がかかる。(1日1万円程度のエクスカーション費用がかかります)
・行きたくない場所にも行かなければならない可能性がある。
・自由にスケジュールが組めない。

エクスカーションは団体で決められた行動をするため、
自由に動けないというデメリットがあります。

その分、安全面や時間の心配などはなく、
心の余裕を持って観光をすることができるでしょう。

海外旅行に慣れていなかったり、
事前の調べが出来ない場合はエクスカーションを利用すると良いでしょう。

船内でも申し込みができますが、
事前に日本で申し込みをしておいた方がスムーズです。

~移動はバスなので、疲れが少なく済みます~


すべての観光地を「個人旅行」「エクスカーション」にする必要はありませんので、
観光地の状況によって使い分けるのがベストです。

例えば、港から観光地までに長距離移動が必要な場合はエクスカーション、
徒歩で行ける場合は個人旅行、などです。

どちらも一長一短ありますが、より自分が楽しめる方法を組み合わせていきましょう!

次回からは、西地中海クルーズの個人旅行方法について
寄港地ごとに説明していきます。
しっかり事前調査ができれば個人旅行は難しくありませんので、
参考にしてください。
まめ*とり
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加