第四回:スーツの着こなし方(スーツ選び)ベルトと靴の色味の合わせ方

第四回:スーツの着こなし方(スーツ選び)ベルトと靴の色味の合わせ方

<男性にとって欠かせないベルト>

スーツにベルトは必要不可欠なもので、プライベートでも男性はベルトを着用しています。
ベルトと靴の色がちぐはぐな組み合わせや、スーツに合っておらず、
「持っているものは、これだけです!」と言っているかのように同じものを
スーツとの組み合わせも考えずに着用している人をたまに見掛けます。

<ゴチャゴチャとした印象>

色がちぐはぐしていると、ごちゃごちゃした印象のコーディネートになってしまい、
傍目からも色合いのゴチャゴチャ感に目を奪われてしまう場合も。
また、スーツに合うだろうと無難な黒を使用している男性は多いように思います。
素敵なコーディネートをされている方は、
持ち物やネクタイに合わせて茶やグレー、または紺色のものを着用されている方もいます。
しかも、グレーといっても明るいグレーではなく暗めのグレーなど。

<粋な着こなしの例>

筆者がお会いして素敵なコーディネートで驚かされたのが、ベルトや靴が紫の方です。
濃いグレーのスーツ、胸元に明るい紫のハンカチーフ、足元とベルトが濃い紫。
ぱっと見は「ネイビーかな?」と思うのですが、光の加減等で紫と判るような代物。
これがまた洗練されて感じがして、粋な方だと思ってしまいました。
TPOをわきまえた服装でありながら、お洒落心を忘れてない着こなしは圧巻でした。
ワインレッド、バーガンディー色を使用されている方も粋だと感じます。
気分転換や余裕が出来た時には、違う色味も試してみると
新たなご自身の魅力を発見することもあるかと思います。

<結果的に、コスト的にも◎>

スーツは無難な色ばかり着用していても、ベルトや靴等の小物で変化をつけることで違う雰囲気になり、
新しいスーツを着ているように見える場合もあります。
ベルトも靴も何種類かを回して使用することで、傷みも少なくなり、小物の寿命も長持ちし、
結果として買い替えをする頻度も減り、一石二鳥。
毎日使用するものこそ、愛着を持てるものを購入すべきだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加