思い込みを捨てよう!子育てを楽しもう!~Vol.1 思い込みが現実を作っている

思い込みを捨てよう!子育てを楽しもう!~Vol.1 思い込みが現実を作っている
私たちの思考や行動は、そのほとんどが【思い込み】でできています。

【子育て】に関しても同様に、根強い思い込みがあります。

「子育ては大変疲れる仕事だ」
「子育てはいつも自分を忙しくするもので、自分の時間がなくなるものだ」
「子育てにはイライラがつきものだ」

人々は、自分がいかに子育てで寝不足であるか、忙しいかに注意を払っています。

もし、その思い込みがこんなふうだったらどうでしょうか?
「子育てはとても楽しい」
「子育てをしていても自分の時間も十分に楽しめる」
「子どもがいることで強くなれる。子どもがいることでイキイキとしていられる」

前者と後者、どちらが子育てを楽しめるか、一目瞭然だと思います。
子どもを見る目も変わってきますよ。
この子はあなたの時間を奪う子なのか、あなたを楽しませてくれる子なのか。
もちろん、あなたを楽しませるために産まれてきた子です。

1日は24時間です。
でも、その時間軸に対する感覚は人によって全く異なります。

筆者の友人で、とてもパワフルな女性がいます。
サークルを4つも5つも掛け持ちし、ダンスをしたり歌ったりヨガをしたり。
小中学校で絵本の読み聞かせをし、週3日仕事もし、
友達とのランチも欠かさない。
浅草サンバカーニバルにまで出演しています(笑)。

でも、家庭の主婦としての仕事もきちんとしているんです。
お子さんは手が離れた年齢とはいえ、子育てにも終わりはありません。
旦那さんと出かける時間も設けて、楽しい毎日を過ごしています。
大好きな韓流ドラマは、1.3倍速にして観ているそうですよ。

普通の人から見れば、とても慌ただしい状況だと思います。
でも彼女は「忙しい、時間がない」とは思っていないのでしょう。
その状態が「充実していて楽しい」と思っているから、
バタバタしているという実感はないそうです。
むしろ、周りがスローモーションに見えるそうですよ。

思いによって、時間の使い方は大きく変わります。
「時間がない」と思っているときは、時間がどんどん過ぎていく気がするのに、
「時間は十分にある」と思うだけで、なぜだかゆとりの時間が生まれてくるのです。

子育てをしていても時間は十分にありますよ。
子育てはとても楽しいものです。

まずは、そこから始めましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加