発酵食品で健康アップ!①

発酵食品で健康アップ!①
ミニデジコ
執筆を依頼する

日本古来からの知恵~発酵食品ってなに?

昨今よく耳にする「発酵食品」。発酵食品とはどんなものなのか?
なんとなくわかっているようで、実際には意外と知らない人も少なくない事かと思います。
改めて確認してみましょう。

発酵食品とは?

 
有機物と微生物を一緒にして放置すると、必ず二通りの変化があります。
一つは「腐敗」という現象で、食べもの自体が酸化するため食べられなくなります。
それに対して「発酵」というのは、微生物(菌や酵母)の働きによって
有益な方向へ変化する現象で、主に食品として好ましい風味、栄養が得られることをいいます。
また発酵させた食品は味をまろやかにし、特有のおいしさを作り出すことができます。
発酵食品は、身体の免疫力を高めるといわれており、
私達の健康維持のためには欠かせないものとなっています。
昔から私たちの身近に多くの発酵食品があります。
納豆、日本酒、味噌からチーズ、ヨーグルト、ぬか漬けや甘酒もそうです。

発酵食品の効能・効果

食品が発酵すると、栄養素やその機能がそれぞれの微生物の働きで変化します。
血液の流れを良くしたり、お肌の潤い効果が得られたり、
酵素の働きでカルシウムが体内で吸収されやすい形に変化したりと
食品それぞれにさまざまな効果が見られます。
また微生物の働きにより、発酵食品は独特の風味が増します。
その風味が苦手な人もいるでしょうが、私たちが調味料として使っている醤油や味噌も
発酵が生み出した味、香りなのです。
たとえば乳酸菌は腸内環境を整えて、便秘解消に役に立つとよく聞きますが、
腸内を弱酸性に保ち悪玉菌の増殖を防ぐからだといわれています。
さらに日本では大腸がんが年々増えてきていますが、
乳酸菌の含まれた発酵食品を摂ることで、発がん性物質を排出させる効果が認められています。

発酵食品を毎日程よく摂取し、健康的な生活が送れるように心がけることが大切と言えるでしょう。

いかがでしょうか、発酵食品について確認できたでしょうか?
昔の人が発見して今に伝えてくれた発酵食品、うまく食生活にとりいれていけると良いですね。
どんなものをどのように摂取していくのが望ましいのか、
次回は、発酵食品の種類についてもう少しくわしく見てみましょう。
ミニデジコ
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加