おいしいものがいっぱいのベトナムごはん

おいしいものがいっぱいのベトナムごはん
旅の楽しみはやはり「食」。
日本各地にもベトナム料理専門店はたくさんありますが、やはり本場の味は格別というもの。
代表的なフォーをはじめとする「ベトナムごはん」。
一体どんなものがあるのか気になりますよね。
今回は、ベトナム初心者さんでも食べやすいおすすめのベトナムごはんをご紹介したいと思います。


ベトナムといえばやっぱりフォー


まずは代表的な鶏のフォー、Pho Ga(フォーガー)です。
お店の入り口に並んだチキンが印象的な店カット・トゥーン(CAT TUONG)
ホーチミン市中心部でも評判のフォーガーのお店です。
水上人形劇の会場からも徒歩圏内にあるので観劇のついでに立ち寄れます。
鶏のダシが効いたスープは、飲み干してしまうほどハマるお味。
柔らかくふんわりとした鶏肉とネギがトッピングされています。
ベトナムに来たなら一度は本場のフォーを食べましょう。


パン好きさんにはたまらない絶品バインミー


こちらも、ベトナムごはんで絶対に攻略していただきたいフードのひとつ。
ベトナムのサンドイッチ、バインミーです。
柔らかいフランスパンに挟まれているのはハム数種類と唐辛子、きゅうり、大根のなますなど。
パンにはたっぷりとパテが塗られています。
このパテとハムのほどよい塩辛さがパンにぴったり。
お店によってはもっと具沢山なところやチキンがサンドされているものなど、
様々な種類のバインミーがあります。
道端の移動販売から専門店、ベーカリーまであらゆるところにバインミーはあります。
どこでも手軽に買えてお値段もお手ごろですよ。
早朝からオープンしているニューラン(Nhu Lan)は観光客におなじみのお店です。


パリパリの薄生地がおいしいバインセオ


日本のベトナム料理店で食べたことがある方も多いのではないでしょうか。
よく”ベトナムのお好み焼き”と書かれているバインセオ。
薄くパリパリっとした生地のなかにはエビや豚肉、もやしなどがぎっしり詰まっています。
これを包み野菜に包んで、ヌクチャムというソースに付けながらいただきます。
パリパリの生地と具材、包み野菜の食感の違いがクセになるおかずのひとつです。
バインセオの専門店は数多くありますが、
なかでもオープンエアの庶民的な食堂バインセオ46A(BANH XEO 46A)が人気です。

食べてみたいメニューはありましたか?
まだまだベトナムにはおいしいものがいっぱい。
次回は、ベトナムごはん第二弾をお届けいたします!

©All photo by Lizhi
このエントリーをはてなブックマークに追加