発酵食品レシピ① 愛知の赤味噌(八丁味噌)を使ったレシピ~食事編

発酵食品レシピ① 愛知の赤味噌(八丁味噌)を使ったレシピ~食事編
ミニデジコ
執筆を依頼する
発酵食品のひとつである赤味噌。
赤の色が濃いほどにアンチアンジングにも効果があり、その代表的なものが赤褐色の「八丁味噌」。
前回の発酵食品③で、その産地である愛知県の戦国武将”徳川家康”が
食に欠かせないものとして八丁味噌を取り入れて、当時の武将としては長寿であったことがわかりました。
そんな健康効果がうかがえる赤味噌(八丁味噌)を使ったレシピをいくつか挙げてみます。

*1645年より味噌造り一筋、愛知県の「カクキュー」のレシピを3点。
<味噌つけ麺>
豚バラ・・・100g        
中華スープ・・・2カップ
卵黄・・・2個
白ごま・・・少々
ラーメン・・・2玉       
もやし・・・適量       
豆味噌(八丁味噌)・・・大さじ2  
白髪ねぎ・・大さじ1 
みりん・・・大さじ1           
*レシピ出典:カクキュー

1.豚肉は5mm厚さにスライスする。
2.鍋を熱し、1を入れて両面に焼き色をつけ、中華スープ、みりんを入れて煮る。味噌を溶き入れる。
3.器に2を盛り、ゆでたもやし、白髪ねぎ、卵黄をのせ、ごまをかける。
4.ゆでて冷水で洗った麺を添える。 

*焼いた豚肉でこくが出て、濃厚な味噌スープです。*詳しくはこちら⇒カクキューレシピ


<彩りサラダの味噌ドレッシング>
サラダ菜、きゅうり、パプリカ、プチトマト・・・適量  
(味噌ドレッシング)
ナチュラルチーズ・・・40g           
八丁味噌・・・大さじ1
パルメザンチーズ・・・少々            
生クリーム・・10cc
はちみつ・・・小さじ1
*レシピ出典:カクキュー
 
1.野菜は食べやすい大きさに切る。
2.八丁味噌に半分量の生クリームを少しずつ加えよく混ぜ合わせ、
  なめらかになったら、残りの生クリームとはちみつを混ぜ合わせる。

*生クリームでまろやかな風味になり、彩り豊かな野菜をたっぷり食べれます。詳しくはこちら⇒カクキューレシピ


<味噌風味カナッペ>
バゲット薄切り・・・4枚
カマンベールチーズ・・・1/2個
プチトマト・・・2個
イタリアンパセリ・・・少々
豆味噌(八丁味噌)・・・小さじ2  
*レシピ出典:カクキュー

*バケットに八丁味噌をぬって、チーズ トマトをのせてトースターで程よくこんがり焼きます。
ワインにも合いそうな、簡単でオシャレな雰囲気のレシピです。詳しくはこちら⇒カクキューレシピ


次に、愛知県「ナカモみそ」の「つけてみそかけてみそ」(赤みそ)を使用したレシピを2点。
名前がユニークで、そのままつけてかけて、お豆腐にそうめんにそのままトッピングして
すぐに食べれちゃう便利ものです。

<ゴーヤみそチャンプルー>
ゴーヤ ・・・1本 
豚肉スライス・・・100g
卵・・・1個
油・・・適量
「つけてみそかけてみそ」・・・適量

 1.ゴーヤを縦に半分に切り、なるべく薄く切っていきます。
 2.鍋に油をひき、豚肉のスライスを炒め、ゴーヤを入れてよく炒めます。
 3.火が通ったら、卵を入れてかき混ぜ、炒り卵状になったところで、つけてみそかけてみそを適量加え、
   少し炒めて出来上がり。

*ビタミンCやカリウム豊富なゴーヤで夏バテ防止メニュー。詳しくは⇒クックパッド/ナカモみそ


<みそ風とろろグラタン>
鶏ひき肉・・・50g        
牛乳・・・50㏄
タマネギ・・・ 50g        
ピザ用チーズ・・・50g  
ゴボウ・・・20g 
「つけてみそかけてみそ」・・・50g        
長イモすりおろし・・・150g
サラダ油・・・小さじ1
ごはん・・・200g

*発酵食品同士 チーズと味噌って相性が良く、+とろろもいい味です。詳しくは⇒クックパッド/ナカモみそ


簡単にできるレシピなので、作ってみてはいかがでしょうか?
お味噌のちがった味が発見できるかも。
次回は、八丁味噌を使ったおやつ編です。


参照~クックパッド/ナカモみそキッチン http://cookpad.com/kitchen/3758984
   カクキュー八丁味噌レシピ http://www.kakukyu.jp/recipe.asp
ミニデジコ
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加