現地で食べたい!ベトナムのローカルスイーツ

現地で食べたい!ベトナムのローカルスイーツ
ホーチミンのおしゃれカフェに続いて、今回はベトナムのスイーツです。
ポピュラーで日本人の口にもあうローカルスイーツをご紹介したいと思います。

一度はお試しあれ!ココナッツジュース



旅気分を一段と盛り上げてくれるこのビジュアル。
見ているだけでテンションが上がりますよね。
観光地だけで売られている特別なものかと思いきや、現地の方にとってはごく一般的な飲み物なんです。
日本では、新鮮なココナッツジュースはなかなか味わえませんよね。
市場や観光名所で販売されているものは少し高めですが、
コンビヤン(定食屋)や路上の屋台ならリーズナブルです。
ココナッツというと白いイメージがありますが、ジュース自体はほぼ透明。
さっぱりとした味わいなので食事のお供にもぴったりです。
ココナッツひとつ分にはかなりの量のジュースが入っているので、水分補給にもぴったりですよ。

濃厚アイスクリームが食べたい



旅行客だけでなく地元の人にも安定の人気を誇るアイスクリーム屋さんFunny(ファニー)
洗練されたインテリアがかわいらしくて、入りやすいお店です。
アイスクリームのトッピングが派手なことでも有名なのですが
シンプルなアイスクリームもありますのでご安心を。
こちらはチョコレートとピスタチオ、バニラのアイス。その下にあるのはコーヒーゼリーです。
アイスが3つも!と思いますが小ぶりなので一人でも食べられるサイズですよ。
100%天然素材を使用しているというナチュラル系アイスのお味は、とても濃厚。
それでいて、しつこい甘さではないのであっという間にペロリです。
他にも変わり種のアイスクリームケーキなど、メニューが盛りだくさん。
トンタットティエップ通りのお店は23時まで営業しているので、
涼しくなってから夜のお散歩のついでに立ち寄ってはいかがでしょうか。

温かいチェーでほっこりカフェタイム



暑い国だけに、やはり主流は冷たいデザート!なのですが
冷たい物ばかりとっていると体を冷やしてしまいますよね。
そこでオススメなのが、ベトナムの代表的なスイーツであるche(チェー)の温かいヴァージョン。
氷たっぷりの冷たいチェーとは変わって、ビジュアルもどこか和み系です。
こちらは、東南アジアでは日常的に食べられているタロイモのチェー。
スーパーにいくとタロイモチップス(さつまいもチップスのような)もあるほど人気なんです。
一見里芋のようで、おかず系?と思われるかもしれませんがとっても甘くて美味。
柔らかく煮たタロイモともち米の甘みがほっこりとする優しい味わいです。
甘みが足りない時は、ココナッツミルクをプラスしてみましょう。
ホーチミンでチェーを食べるならChe Nam Bo(チェーナムボー)が人気のお店です。

ベトナムには、まだまだおいしいおやつがたくさんあります。
街歩きの途中で気になるものを見つけたらぜひトライしてみてください。
きっと日本では味わえないスイーツに出会えますよ。

©All photo by Lizhi
このエントリーをはてなブックマークに追加