思い込みを捨てよう!子育てを楽しもう!~Vol.3 雨の日は憂鬱ですか?

思い込みを捨てよう!子育てを楽しもう!~Vol.3 雨の日は憂鬱ですか?
梅雨ですね。
雨の日は好きですか?それとも憂鬱ですか?

低気圧によって、頭痛が起きたり落ち込んだり、
影響を受ける人もいますね。
それに雨が続くと洗濯物が乾かないですよね。

小さなお子さんがいるご家庭では、「雨の日は公園に行けなくて・・・」
とお悩みではありませんか?
家の中で体力を持て余した子どもが暴れて、
保護者の方がイライラしてしまったりすること、ありませんか?

そのイライラは解消できます。
【思い込みを捨てよう!子育てを楽しもう!】は宣言します。

「雨だから出かけられない」というのは思い込みです!!!

雨でも積極的に出かける国もあるし、傘を差さない国もありますね。
「雨だね。嫌な天気だね」というのは私たちの思い込みだし、
子どもに刷り込まれてしまうネガティブな意識です。
物事には善悪はないし、すべては完璧にできています。

晴れにも雨にも意味がある・・・
それは誰もが分かっていることだと思いますが、
口から出てくる言葉も、意識的にポジティブにしてみましょう。

「雨だね。木が喜んでいるね」「葉っぱがキラキラしてるね」と、
子どもと一緒に雨を楽しんでみましょう。
実際、虫たちも花もみんな喜んでいるのではないでしょうか。
家の中にいるときよりずっと楽しく、イライラも吹き飛びますよ。

著者宅では、雨がひどければひどいほど、元気にお散歩にでかけます。
親子でレインコートを着て、長靴を履いて。

水たまりバシャバシャも、思いっきりやりましょう!
雨音がとても心地いいですし、普段見られない虫が出てきていたりしますよ。
カタツムリが見られたらラッキーですね。

身体が冷えることもあるので、帰ったらそのままお風呂に入ると良いですよ。

雨を、憂鬱な気分にする道具にするか、楽しい気分にする道具にするかは、あなた次第です。
そして、雨を楽しめるお子さんに育てるか、雨=ゆううつな気分 を連想するように育てるかも、あなた次第ですよね。
このエントリーをはてなブックマークに追加