夏は麻で快適に

夏は麻で快適に
高温多湿な日本の夏は、毎年厳しいものがあります。
少しでも快適に過ごすために、古来から様々な工夫を凝らしてきました。
そのひとつが「麻」。
今夏は麻を取り入れて、夏を気持ちよく過ごしてください。

麻の魅力

独特の光沢や風合いがあり、通気性と吸湿性が高い繊維です。
肌さわりが良く、強靭な繊維は水に濡れることで、
洗濯に強くなるという特性があります。

リネン?ラミー?

タグには、麻100%という表示があるはずです。
日本では、この表示が許されているのは、リネンとラミーだけになります。
  リネン(亜麻・あま) ラミー(苧麻・まお) 

亜麻と苧麻の違い

亜麻は、ヨーロッパで長い間栽培されてきた一年草の植物から採れる繊維です。
寒い気候で育ち、日本国内では北海道での栽培が広がりつつあります。
苧麻は、古代から日本に自生していた植物で、アジアを中心として分布していました。
温暖あるいは熱帯地方を好みます。
どちらの生地も、吸湿性と通気性に優れ強靭さを持っています。
亜麻の繊維の方が、細いため柔らかい感触です。

ファストファッション

亜麻は、肌さわりが良いことから
ヨーロッパでは高級ランジェリーにも使われていました。
ハリがあるのに、肌さわりが良い生地はヨーロッパの貴婦人達に好まれていたのです。
日本の市場でも衣料品として販売されていましたが、今までは高値でした。
最近国内でも、大手のファストファッションのメーカーが、
手頃な値段の麻商品を販売するようになっています。

手頃な値段で販売しているファストファッションの店

しまむらとユニクロでは、シャツ、ワンピース、パンツなどが
1,500円から3,000円といった値段で購入できます。
無印良品でも、ワンピース、シャツ、カーディガンなどが
2,000円から5,000円といったところです。
もしかしたらセールで、さらにお安くなっているかもしれません。

日用品でも

衣料品だけではなく、ベッドシーツやソファカバー、クッションカバーなどでも利用してください。
特に吸水性と速乾性が高いので、寝汗をかきやすい夏場のベッドシーツにはぴったりです。
麻製品は、上質になると高価ですが、
長い付き合いになりそうなベッドシーツには上質なものを選ぶと良いでしょう。

麻は、強靭なだけではなく汚れにも強い繊維です。
洗えば洗うほど、柔らかくなり肌さわりが良くなっていきます。
長い付き合いになると思われるので、日用品の場合はシンプルで
飽きのこないデザインを選ぶのがよいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加