第十回:男の身だしなみ

第十回:男の身だしなみ

<お手入れ>

最近の男性は化粧水をつけたり、クリームで保湿したりとお肌を気遣う人が多く、
シャンプー等にもこだわりを持つ人も増えています。
最近、男性が化粧水・乳液等をつけているのに対し、
女性がオールインワン化粧水を使用している、なんて話を聞きました。
肌が綺麗なほうが仕事にも良い影響を与えるのか、
お手入れをちゃんとした上に、日焼け止めを塗り日傘をさしている男性も見かけます。
つい先日、筆者は日傘もささずに歩いていたところ、
目の前を歩いていた男性2人のうち1人は日傘をさしていました。

また、営業関連やお医者様など、手元を見られている方はネイルサロンやご自身で爪のお手入をれされています。
手元を見らることのない仕事の方でも、爪を伸ばしていたり、爪の間が汚れているなんてもってのほかです。

<アンチエイジング>

筆者の知り合いのゴルフ好きな方もですが、
シミ取りやリフトアップなどもしている40・50代がいらしゃるという話はちょこちょこ小耳に挟みます。
ある程度の年齢になると、エイジングケアを考える方も多いようです。
ゴルフやマリンスポーツ、釣りなどで肌を焼かれている方も多いですからね。

<髪は額縁>

男性も女性もですが、顔のお手入れはしているのに、髪のお手入りが行き届いてない人が多いように思います。
男性は薄毛に関してはとても敏感ですが、白髪に関しては無頓着な方が多い。
白髪に関しても、ロマンスグレーくらい白髪の量が増えて、顔年齢とマッチするようなら格好良くみえますが、
顔が若いのに白髪を放置していると苦労して、疲れているような人にしか見えません。
顔年齢と白髪のミスマッチさがもの悲しく見えたりもします。
服装も髪型も、年齢相応の装いがいちばん素敵に見えるのではないのでしょうか。

染めるのが「面倒くさい」と言われる方もいますが、お家で手軽に染めるアイテムもたくさん出ています。
シャンプーやトリートメントなどと一緒になっているタイプなど多種多様です。
ご自身のライフスタイルに合わせたもので、対応してもよいかもしれません。

<優先事項>

薄毛については、思った程、女性は気にしていませんよ。
髪が少ない部分を無理に隠そうとする方が、嫌がられる可能性が高いようです。
薄毛でも白髪でも清潔感が、いちばん大事なことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加