そのごはんで大丈夫?キャットフードの正しい選び方とおすすめブランド

そのごはんで大丈夫?キャットフードの正しい選び方とおすすめブランド
人間と同じように、毎日食べる食事の質によって猫の健康や寿命も大きく左右されます。
市販のキャットフードはいろんなメーカーから様々なブランドが登場していますが、
どれを選べばいいのか迷ってしまうことも多いですね。

今回は、キャットフードの選び方とおすすめフードをご紹介します。


1.キャットフード選びの基本


猫は基本的に『肉食』です。
人間が健康でいるためには、主食のごはんやパンなどの穀類をメインに適度な野菜と肉が必要ですが、
猫が健康でいるためには食のメインはあくまでも「肉」であることが大事です。

それを人間と同じように穀類メインのキャットフードを与えてしまうと、
猫にとっては消化しづらいだけでなく、胃腸に負担をかけ健康を損なうことになってしまいます。
アレルギーを引き起こすリスクも高まるなど危険がいっぱいなんですよ。

また、キャットフードに含まれる添加物にも注意が必要です。
酸化防止剤(BHA、BHT、エトキシキン)や着色料・香料などの有害な添加物がたっぷり入っている
キャットフードもあり、毎日の食事で大切な猫の健康を阻害していることにならないよう、
フード選びには細心の注意を払うようにしましょう。

さらに、肉類メインでも、使われている素材が病死した動物の肉など劣悪なものが使われていることもあるので、
信頼できるメーカーのものを選ぶことも重要です。
 

2.粗悪なキャットフードの見分け方


質の悪いキャットフードを見分ける簡単な方法をご紹介します。
まず、コップに水を入れ、少量のキャットフードを入れて一晩おいて外に置きます。
もし色が染み出てきたらフードを色良く見せるための着色料が、
虫が寄ってこなければ防虫剤が入っていることの証。
またそのまま数日放置しておいても変わらなければ、防腐剤が入っているということになります。
 
また実際に触ってみてベタベタしているものも、粗悪な油などが大量に使われている可能性が高いので要注意。

さらに穀物の配合量が少なくタンパク質の配合量が多い良質なキャットフードは、
消化や吸収率が高いために食べる量に比べて便が少なくなります。
逆に粗悪なキャットフードになると、穀物の量が多いために消化・吸収率が悪くなり便の量も
必然的に多くなるので、ぜひ猫の便の量や様子も確認してみましょう。
外に放置してみるのもおすすめ。便に虫が寄ってくるようなら、
フードに配合されている成分も悪いものではないということがわかります。

今、猫に与えている食事が安心できるものかどうか、ぜひ試してみてくださいね。

3.おすすめキャットフード

  • カナガン

イギリス最高級のグレインフリーキャットフード。
イギリス産平飼いチキンを60%使用するなど高タンパク低炭水化物で、人口添加物も一切不使用。
使用しているのは人間でも食べられる高品質で新鮮な原材料だけ。
SAI GLOBALのランクAを取得済の安全な工場で作られているため、品質管理も万全。

  • 犬猫自然食本舗

国産の原材料を100%開示し、着色料や着香料、酸化防止剤等は一切不使用のキャットフード。
使われている原材料は全て人間が食べても大丈夫なものだけなので安心感も抜群。

  • FINEPET'S

食に対する安全意識が最も高い国の一つオーストラリア産のキャットフード。
人間が食べることができるレベルの原材料だけを使い、酸化防止剤・防腐剤などの
添加物、放射性物質汚染原材料、重金属類や残留農薬が混入した原材料は一切使っていません。

  • シンプリー

動物栄養学者と作ったイギリス発のキャットフード。
原材料の50%以上がサーモンで、関節のケアのためのグルコサミンやコンドロイチン、
尿路結石の原因となる尿のph値をコントロールするキナ酸、
毛玉の排泄のサポートを行うオリゴ糖やオーツ麦などもバランスよく配合しています。
猫の年齢に関係なく食べられるため、多頭飼いしているご家庭も
フードの使いわけをしなくて良いのでおすすめです。


以上、キャットフード選びのポイントとおすすめキャットフードをご紹介しました。

猫は自分で食事を選べません。
大切な家族の一員である猫がいつまでも元気で健康で暮らすためには、
飼い主が慎重にキャットフードを選ぶことが欠かせません。
ぜひ上記を参考にして、猫の健康に役立つキャットフードを選んでくださいね。

参考サイト
ペット用品・ペットグッズ通販のペピイ 
カナガン 
犬猫自然食本舗 
FINEPET'S 
シンプリー 
このエントリーをはてなブックマークに追加