猫がストレスフリー&快適に過ごせる部屋づくりのポイント

猫がストレスフリー&快適に過ごせる部屋づくりのポイント
近頃では、猫を完全室内飼いで飼育している人が主流となっていますね。
猫が自由に外出できるようにすると、交通事故や怪我、病気などのリスクが高まるだけでなく、
近所に糞尿などのご迷惑を掛けるなどトラブルにもなりかねないので、
室内で飼育するのは、猫にとっても飼い主にとっても仕方がないことなんです。

その代わり、猫にとって室内が快適な環境になるように配慮することは飼い主の責務。


それでは、猫がストレスを感じることなく快適に過ごせる部屋づくりのポイントをご紹介しますね。

1.食事場所

 
猫の食事場所は、人間と同様に常にきれいにしておくようにしましょう。
ウェットフードの場合、夏は傷みやすいため、一度で食べられる量を与え、
食べ終わったら食器等はその都度洗ってください。
水も、毎回新鮮なものに替えましょう。

また、キッチンにある食べ物にも要注意。
猫にとって、人間の食事は体に悪影響を与えるものも多いものです。
猫が欲しがるからといって、求めるままに与えることが可愛がることではありません。
塩分・脂肪・添加物などは確実に猫の健康を阻害します。
猫の食事と人間の食事は別物としっかり区別し、食事は猫用の物だけを与えるようにしましょう。

また部屋に観葉植物がある場合もご注意を!
猫が食べると中毒症状を起こすような植物は、猫が触れない場所に移動させてくださいね。

2.排泄場所はいつもきれいに


猫はとってもきれい好き。
猫用トイレは常に気を配って、糞や尿などをその都度取り除いてやることはとても大事なことです。
汚いトイレだと、そこで用を足すのを嫌がって、別の場所でしてしまうことも。

3.高いところが大好き♪


猫は高いところが大好きです。
しっかりとしたつくりのキャットタワーを作ってやると、非常に喜びます。
キャットタワーだけでは物足りず、いきなりテンションが高くなって部屋中を走り回ることがあるので、
箪笥や壁、カーテンやエアコンなど猫がよじ登って困るような場所には、
危険なものを置かないようにしましょう。
 

爪とぎも必須。キャットタワーとセットになっているものもありますよ。
爪とぎはストレス発散になるだけでなく、古い爪を剥がすためなど猫にとっては欠かせない習慣の一つ。
段ボールや古いじゅうたんでも代用できるので、爪とぎをしてよいスペースを作ってあげてください。

4.時には静かにゆっくりしたい時も


猫は基本的に気ままな動物です。
家族と同居はしているけれど、気が向かなければ遊びたくないし触られるのも好みません。
そのため、猫がひとり(一匹)でゆっくりしたいときには安らげるスペースを作ってやりましょう。
それだけで、猫が感じるストレスを軽減できます。


また、普段から「姿が見えないな」と思ったらいつもそこにいるという
猫自身が見つけたお気に入りスポットがあるなら、
その周囲の荷物を片付け、安全で静かに過ごせるように整えてやってください。
その場所で寝ているところを起こすのは猫にとっては非常にストレスを感じるものなので、
一人を満喫して満足して出てきたときに遊んでやってくださいね。

5.気温調節に注意


猫は一年中ふかふかの毛皮を身に付けている動物です。
そのため夏の暑さには弱く、夏場はエアコンのある部屋か涼しいスペースを用意しておかないと
猫の熱中症になってしまいます。
夏、お出かけの際に猫にお留守番を頼むときには、自由に涼しい場所に行けるように
全ての部屋を開けておくか、エアコンを掛けて負担がかからないようにしましょう。
また水分もたっぷり飲めるように、新鮮な水を欠かさないようにしてくださいね。


以上、猫がストレスを感じることなく快適に過ごせる部屋づくりのポイントをご紹介しました。

自由気ままな同居人である猫。
本来なら自由に外を駆け回る存在の猫が、室内で安全・快適に過ごすためには、
飼い主の配慮とお世話が欠かせません。
ぜひ、上記のポイントをおさえて、猫と暮らす楽しい毎日をお過ごしください。

参照サイト
猫の飼い方
このエントリーをはてなブックマークに追加