【子どもと楽しむ衣・食・住】住まい編(2)家事を楽しく!一緒にやろう掃除・洗濯

【子どもと楽しむ衣・食・住】住まい編(2)家事を楽しく!一緒にやろう掃除・洗濯
しゅうか
執筆を依頼する
普段子どもが日常的にする機会がないのが、「掃除」や「洗濯」。
そんな「掃除」や「洗濯」を子どもと一緒にできる「家事」として、毎日の暮らしに取り入れてみませんか?
楽しい要素を取り入れれば、きっと毎日楽しくなるはず!

小さな子どもでも簡単に使える「ハンディモップ」

一緒に「掃除」をすると言っても、掃除機がけをいきなりお願いするのも難しいですし、
何より一緒にすることが出来ません。
手軽に、しかも一緒に出来るのがほこりを取る「ハンディモップ」。
多くの家庭に一つはあるかと思いますが、
ホームセンターやドラッグストア、スーパーでも簡単に手に入ります。
「ハンディモップ」をママと子どもの人数分用意して、
まずは簡単に出来る場所をお子さんにお願いしてみましょう。
女の子なら特に、ママと同じように「掃除」しているという感覚になって楽しくなるのではないでしょうか。

最初から難しい場所をお願いすると、楽しくなくなってしまう可能性がありますので、
出来る限り小さな子どもでも出来る、危険なものがない安全な場所をお願いしましょう。
「一緒にする」ということを意識して、同じ部屋を一緒に「掃除」すれば、
ママもいつも黙々としている「掃除」が、お子さんと会話しながら楽しく出来るはず。
同様に、床の雑巾がけを一緒にしてみるのもいいかもしれません。

「手洗い」で一緒にゴシゴシ「洗濯」してみよう

「洗濯」と言えば今は洗濯機が全自動でしてくれますが、
汚れのひどいものは「手洗い」してから「洗濯」するかと思います。
例えば泥のついた靴下や体操着・・・。「手洗い」するのはママでも大変ですよね。
毎日「手洗い」しなければならない洗濯物を、お子さんと楽しく洗ってみませんか?

手でゴシゴシ、洗濯物をこすり合わせて洗うのはママでも重労働。
そんな時活躍するのが、昔ながらの「洗濯板」です。
昔は木で出来ているものが多かった「洗濯板」ですが、
今はプラスチック製のものや小さなサイズのものもあります。
「洗濯板」は100円ショップで簡単に手に入りますので、
子どもの分も用意して、一緒にゴシゴシ「手洗い」を楽しんでみませんか?
自分の洗濯物を自分で、しかもママと一緒に洗ってみると、
毎日「手洗い」してくれている大変さがお子さんに伝わるのではないでしょうか。


毎日欠かせない「掃除」や「洗濯」の家事を子どもと一緒にすることで、
子どもとの会話が増えたり、子どもがママの大変さに気づいたり。
何よりお互いに「楽しむ」ことが大切です。
もしかしたら、ママも少し楽が出来ちゃうかもしれませんね!!

次回もお楽しみに!
しゅうか
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加