季節別 猫のために気を付けたいこと

季節別 猫のために気を付けたいこと
地球温暖化のせいか、春や秋は短く、夏はより暑く、冬はより寒くなるなど日本の四季も昔に比べて変化してきましたね。

人間でも厳しい季節に、猫も同じように体への負担やストレスが重くなっています。

今回は、とくに負担が重くなる夏と冬に猫のために気を付けたいことをご紹介します。



1.猫も夏バテ?熱中症? 夏に気を付けたいこと


暑い夏には、人間もぐったり。
スフィンクスのような特殊なタイプの猫は別として、ふさふさの毛皮をまとっている猫にとってもツラい時期です。
 
ですが、猫はもともと砂漠出身なので、意外と暑さには強いもの。
昼間は、家の中で涼しい場所を上手に見つけ、なるべく体力を使わないようにおとなしくしており、
見た目はぐったりしているようですが、夜になって涼しくなると
食事もしっかり食べて元気に夜の運動会をスタートする子も多いようです。

しかし、猫が暑さに比較的強いと言っても、やはり最近の夏の暑さは異常ですね。

日中、一匹で家で猫にお留守番をさせるなら、防犯上の安全を考えた上で
風が通り気温がそれほど上がらない場所を作っておくか、
一室だけエアコンをドライで28度程度の設定で入れて、猫が熱中症になるのを防ぎましょう。

また便利グッズもオススメ。
 
  • ペット用のクールジェルマット
  • 冷感加工した素材のベッドや敷物
  • 保冷剤

を置いておくのも良いですよ。
また、空のペットボトルに水を入れて凍らせておき、
お気に入りの場所の近くに置いておくだけでもひんやり効果が得られます。


食欲も、暑い朝や昼間は落ちることもあります。
食事は、食欲が戻る夜に多めに出すようにし、朝や昼は食べられる量だけを少な目に出すことで、猫のごはんが傷むのを避けることができます。
また脱水症状を防ぎ、水分補給がこまめにできるように、新鮮な水を何か所かに置いておくようにしましょう。
 
しかし、夜になってもぐったりしている、舌を出して呼吸が荒い、体が熱いという場合は
熱中症にかかっている可能性が高い
ので、
すぐに体を冷やしてかかりつけの動物病院で診察を受けてください。

2.冬の寒さも危険


昔からある「雪」という歌でも歌われているように、冬の寒さは猫にとっても辛いもの。
こたつから出てこない、ストーブの前の特等席から離れない、など温かい場所を動かなくなるのも
かわいらしいのですが、この季節だからこそ気を付けてあげたいこともあります。

まずは、空気の乾燥。
暖房器具を入れるときには、加湿器もプラスして室内が乾燥しすぎないようにしてください。
人間の健康にも過度の乾燥は悪影響がありますが、猫にとっても気管支炎など病気になりやすくなったり、
目が乾燥して目やにが出やすくなるなどの健康上のトラブルを招きかねません。

またホットカーペットにも要注意。
あまりに居心地が良すぎて寝てしまうと低温やけどの危険性もあります。


大切な家族の一員である猫。
そんな猫の体調管理は飼い主の責任でもあります。
人間につらい時期が猫にとって快適であるはずはありません。
夏や冬などは特に猫の体調にも気を配って、家族全員が元気で過ごせるようにしてあげましょうね。

参考サイト
ペット大学
このエントリーをはてなブックマークに追加