親子で夏休みにしかできない体験をしよう!

親子で夏休みにしかできない体験をしよう!
長い長い夏休みに入りました。
子供は喜び、保護者は… 喜び… とはいきませんね。
長期休みだから出来ること、次の日学校がないから出来ることで
この夏休みはお子さんと思い出を作ってみましょう。

花火

夏に子供と楽しめる代表格は花火です。
花火大会に出掛けるのもいいですね。
海や川の近くでは7月・8月の土日にはどこかしらで
花火大会が開催されており、出店がありお祭り気分で
親も子も楽しめます。そして、大輪の綺麗な花火に
自分たちだけでなく周りの人も一緒に酔いしれる事ができます。

また、花火を買ってきて家の前でやるのもいいです。
昔は、夏になれば親子で花火をやるのは当たり前でしたが
最近は住宅事情が関係しているのか、都内小学生では
花火を数回しかやったことがないという子が数多くいます。
中学生でも、花火をする時にはやり方を教える事から始めます。
線香花火の火をつける位置がわからない子が多いです。
花火は夏の風物詩なので、ぜひ家族で楽しんでください。

星の観察

星が綺麗に見える季節は冬ですが、
寒さや風邪の心配がない夏の夜にお子さんと星を見に行くのがお勧めです。
夜のドライブで山や高原まで行って見ると
普段とは違う星の観察を体験できます。
都心に近いと、どうしても真っ暗というわけではないので
できれば、ちょっと離れたところまで行きましょう。
夏の自然に触れるというと、海や川などの水辺ばかり思い浮かべますが
山や高原の自然に触れるのもいいものだと思います。
子供は夜に出掛けるということでワクワクします。
外の景色は昼と夜で違うのでまたそれもいいですよね。
次の日に学校がないからこそできる夜のお出掛けは
ぜひ、夏休みに親子で体験してください。


長期休みだから出来ることの一つが、夜更かしだと思います。
夜更かしは子供にとって良い事ではありませんが
夜更かしして貴重な体験ができるのであれば、たまにはいいのではないでしょうか。
ただ、夜更かししたからといって次の日に遅くまで寝ているのではなく
朝はちゃんと起こして、眠ければ午前中と午後の2回、お昼寝させれば大丈夫です。
生活のリズムを崩してしまうと元に戻すのが大変ですし
体調にも影響を及ぼすので、無理をしすぎないよう気を付けましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加