夏にケアを怠けると老けてしまう

夏にケアを怠けると老けてしまう
男性には理解され難いかもしれませんが、女性はいつまでも若々しく見られたいという願望があります。
しかし、夏場のケアを怠ると秋になってから泣くハメになるのです。
強い紫外線が、髪の毛と肌に紫外線を与えるのは常識。
きちんとケアをしていないと、気づいた時には、肌と髪の毛に大きなダメージが…
ということにもなりかねません。

食べ物から必要な栄養を採り入れる

食欲を失いがちな夏ですが、冷たい食べ物や飲み物ばかりを口にしていては、
夏バテしてしまいます。
体が必要としている栄養を採り入れていないと、当然、肌や髪の毛に良いわけはありません。
食欲がないのなら、薬味を使って食欲を増進させましょう。

食欲増進のための薬味

大葉(シソ)は、βカロテンを豊富に含み、鉄分とビタミンCもバランスが良いので、
女性の美容には強い味方。
免疫力を高めて、抗酸化作用もあるのでアンチエイジング効果が期待できますよ。

ミョウガも、夏場の薬味として市場に多く出回っています。
物忘れがひどくなる、馬鹿になるといった俗説が一部に残っているミョウガですが、
実は頭がスッキリするという効能アリなので、これもオススメ。
ミョウガには、アルファピネンという香り成分があるのです。
この香り成分は、頭をスッキリさせてくれ食欲を増進させてくれる他に
夏場はエアコンなどで冷えがちな身体を、温めてくれます。
これらの薬味を、味噌汁、麺類、お惣菜などに上手く使うことで夏バテ対策をしましょう。

シャワーよりお風呂を

夏場は、暑いのでゆったりとお風呂に浸かるより、シャワーでさっぱりしたい。
そう考えるのも、分かります。
でも、秋からも美しい肌と髪でいたいのならシャワーよりもお風呂をどうぞ。
お風呂にゆっくり浸かることにより、体温が上昇すれば新陳代謝も活性化。
新陳代謝力が上がれば、自然と肌と髪も美しくなるというわけです。

夏の間は、連日続く暑さのために、普段なら怠らない肌や髪の毛のケアを怠りがちになります。
暑いと、思考能力も衰えてしまうものですよね。
色々と余裕がなくなるし、忙しいですが、
秋からも美しくあるためにはここで頑張っておきましょう。
きっと周囲の目も違ってきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加