猫と暮らす 〜出会い編〜

猫と暮らす 〜出会い編〜

猫との運命の出会い!?

「猫飼わない?」
筆者が猫を飼い始めたのは、友達のこの言葉が始まりでした。
それまでペットをを飼う気なんて全然なかったのに、夕方にはその猫がうちにいました。
猫は好きだけれど、飼ったことがないし勇気がない。
そんな優柔不断なあなた、いつ「猫飼わない?」の不意打ちがあるか分かりませんよ! 
いざという時に困らないよう、必要最低限のポイントを押さえておきましょう。

猫とご飯と水

最低限これをクリアすれば、当分は生きてくれます。
まだお母さんのおっぱいを飲むくらいの子猫のうちは市販の猫用ミルクを、
エサは、成長にしたがって柔らかいものから成猫用へ切り替えていきます。
最近は子猫専用のフードも色々販売されています。
水はこまめに替えてあげましょう。

猫とトイレ

食べたら、出します。出さないと病気になってしまうので、ぜひ気持ちよく出してもらいましょう。
猫も飼い主も快適に過ごすためには、トイレを清潔に保つことが欠かせません。
設置するのに十分な場所を確保し、早い段階で躾をしましょう。
食後に様子を見守り、落ち着きがないようならトイレに連れて行き、下腹部を優しく刺激します。
猫は匂いがついたところにまたトイレをする習性があるので、数度繰り返すとトイレの場所を覚えます。
逆に、トイレ以外の場所で粗相をした場合は、またそこでする可能性があるので要注意です。

猫と遊び

運動とストレス解消のために必要です。特に子猫のうちは、思う存分遊んであげましょう。
残念なことに、見た目にかわいいおもちゃよりも、人前に出すのが恥ずかしいようなものばかり気に入りがちです。
運動はただ走り回るだけでは不完全で、高所へのジャンプや上り下りも必須です。
できれば、高さのあるキャットハウスを置いてやりましょう。

猫と爪とぎ

爪とぎは、猫を飼う最大のデメリット!
市販の爪とぎは必須ですが、それ以外の場所でもやってしまいます。
特に木の柱やフスマが大好き。柱などは爪とぎ防止用シールで保護し、フスマは…、程よく貼り替えましょう。

猫と旅行

猫を飼うと、泊まりがけの旅行は気軽にできなくなります。
旅行に連れていくのなら、これまでに挙げた全事項について対策が必要になります。
  • ①ご飯と水の確保
  • ②トイレをどうするか
  • ③遊びは、結構勝手に冒険します。
  • ④爪とぎに寛容な場所でないと難しいです…
  • ⑤これらに加え、連れて行く方法=キャリーバック等が必要です。


猫との生活

よくいわれるのは「人が猫を選んでいるように見えて、実は猫が飼い主を選んでいる」ということ。
筆者も、うちの猫に飼い主として選ばれたのかなと今では思います。光栄です。

自由で何事も一生懸命、いるだけで少し生活を豊かにしてくれる、猫。
飼える状況であることは大前提ですが、どうか猫に選ばれる時がきたら、
まず「飼う」と、言ってみてください。結構なんとかなります。
このエントリーをはてなブックマークに追加