猫と暮らす 〜初級編〜

猫と暮らす 〜初級編〜

猫を飼うって大変?

初めてペットを飼うとなると、命を預かるのですから、やっぱり心配ですよね。
何事もノープランで始めるよりは、ある程度の知識はほしいところです。
猫を飼うときに、まずやるべきことをご紹介します。

猫を飼う権利!?

別の記事にも書きましたが、猫の生活には最低限以下の4つは必須です。
  • ①ご飯と水
  • ②トイレ
  • ③遊び
  • ④爪とぎ対策

そして、次の条件が揃っていないと飼育し続けるのは難しいでしょう。
  • ①飼育可能な住居(ペット不可でないこと)
  • ②食べさせていける収入
  • ③同居者に猫アレルギーや猫嫌いがいないこと


猫の健康状態を知る

さて、いよいよ猫を家に迎えたら、最初にやるべきことはなんでしょうか?
外猫だった子を家に入れたらノミが大量増殖、なんてイヤですよね。
まずは動物病院で診察を受け、ワクチンをうち、寄生虫をとってもらいましょう。
万が一病気があっても発症しない可能性もありますので、先生によくお話を聞きましょう。
猫の病気は基本的に人間にはうつりません。
他の方から譲り受ける場合は対処済みの場合もありますので、確認してみましょう。

猫の名前

名前をつけることは、猫を飼うときの最高のイベントかもしれません。
既に名前がついていたら、がっかりするくらいだと思います。
せっかくのイベントなので、他の人にも考えてもらい、賑やかに決めたいところです。
名前を呼んだときに「にゃー」と鳴いたら「いま返事した!」と大騒ぎするのは、猫あるあるです。

猫を外へ出す?出さない?

猫だって自由に散歩したいはず、閉じ込めておくのはかわいそう! と、筆者は以前思っていました。
でも、外に出すことは、
・病気の伝染
・ケンカや交通事故によるケガ
・迷子やよそで飼われたりして帰ってこない
などのリスクが伴います。
すでに外出を覚えた猫から散歩コースを奪うのは残酷ですが、「最初から家の中だけで育てる
という選択肢もあります。
外出をさせるかどうかは事前に決めておきましょう。

猫の避妊

猫は生後半年ほどで成猫となり、春と夏の2度発情期を迎えます。
放っておくとどんどん繁殖するので、生後半年以上なら、すぐにも検討しましょう。
    メリット:
  • 発情期に騒がなくなる/子猫ができない/生殖行動による病気の伝染がない

  • デメリット:
  • 今後ずっと子猫ができない/費用がかかる/性格に変化(総じてややおとなしめに)

子猫をもってから避妊してもよいでしょう。生まれたての子猫は天使のような可愛らしさで感動しますよ!

猫との生活を楽しむ

色々と書いてきましたが、それもこれも猫と人間がともに快適に暮らすため。
むずかしく考えず、かわいい寝顔を眺め、肉球に癒され、知り合いに猫画像を送るなど、
猫のいる生活を思う存分楽しんでください。
猫に愛着がわくほど、あなたも“猫に快適に過ごしてほしい”と思うようになるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加