高カロリーな炭水化物の接種を抑える「ご飯100gダイエット」の効果

高カロリーな炭水化物の接種を抑える「ご飯100gダイエット」の効果

ご飯100gダイエットを実践効果


普段の食事でご飯はかかせないものです。でも、たくさん食べればそれだけカロリーは多く、ダイエットの大敵になります。ご飯は炭水化物なので、高カロリーです。運動などでカロリー消費ができなければ体脂肪に変わってしまいます。

炭水化物は人間に必要な栄養素。接種しないと頭が働かなかったり、エネルギー不足になったりします。そのため、ご飯を抜いてしまうダイエットは返ってNG。炭水化物は接種しないといけません。極端に減らすのはよくないので、一回の食事にご飯100gは食べることで炭水化物不足は解消です。炭水化物はご飯だけでなく、他の料理の食材からも接種できるので、その程度に減らす分なら問題なしです。

私は、急に太ったわけではなかったのですが、数年にかけて4~5キロ増えていました。変化が少ないのであまり気にしていなかったのですが、さすがに昔より太ったなと思ったのでダイエットすることにしました。食事で我慢をするのは私の性格上、リバウンドにつながるので、ご飯を少しだけ減らしてみることにしました。ご飯をよそるときにスケールで100gきっちりはかります。


ご飯50gは74キロカロリー


ご飯100gで、148キロカロリーです。お茶碗にちょっと少ないなと思う程度。今までは150gくらい食べていたので、74キロカロリー減です。
ご飯が少なくなると、自然とおかずを食べる量も減ってきます。我が家はおかずが大皿盛りが多く、食べる分だけ取り分けています。一人ひとりにおかずを配ってしまうと量が決まってしまって、おかずをしっかりと食べてしまいますが、取り分けて食べると、ご飯が少ないのでご飯を食べ終わるとそれ以上おかずを食べなくなり、自然と減るわけです。
というわけで、ご飯の72キロカロリー以外にもカロリー摂取量は減ることになり、自然と体重も減っていきます。

ここで必ずしてほしいのは、毎日体重を量ること。体重を量らないと、体重が多少減ると気を抜いてしまい、ご飯を元の量に戻しがち。体重も元に戻ってしまいます。毎日体重を量れば自覚できるのでリバウンドも少ないです。

私は半年で5キロほど減りました。リバウンドはしていません。体調も問題なし。この間、外食やお酒を飲むこともありましたし、好きなものを我慢することはなかったので、全くストレスを感じることなく体重を減らすことができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加