就活は見た目も重要

就活は見た目も重要
就職は学生から社会人へと飛躍する人生の、一大事という風潮があります。
確かに、人生の大部分を過ごすことになるかもしれないので、
慎重な選択をしなくてはなりませんが。
安定している公務員、それとも大企業を選ぶのか。
しかし重要なのは、どこを選ぶのかではなく、自分が何になりたいのか?
ではないでしょうか。

いつごろから始めるべきか

一昔前ならば、大学四年生の年末あたりから始められていた就活。
いつの間にか三年の秋頃からとかになり、さらに早まりそうな傾向も。
自分が何になりたいか、やりたいかという意思が固まった時点で、
始めましょう。
分野によって、必要とするスキルは違います。
時間のある内に、スキルを取得してライバルに差を。
スキルの取得は履歴書の内容も充実し、格好がつきます。

見た目も重要

書類選考の次には、面接となります。
筆記試験があるところもありますが、面接がない就職試験はありえません。
採用する側も、春になったら一緒に働く人間を知りたいのは当然。
この時重要になるのが、採用する側に与える印象。
不潔、ネガティブ、不真面目、礼儀がなっていないといった人間は、
多くの場合は好かれないですよね。
髪の毛や爪はもちろんですが、メイクも控えめに。
華やかな化粧は、明るい印象を与えますが、
一歩間違えると危険なことに。
あくまでも健康的なナチュラルメイクを心がけて。

スーツを選ぶ

就活生といえば、リクルートスーツが頭に浮かびます。
それくらい大切です。
色は黒かグレーが、無難。
黒はどんなシーンでも活躍でき、グレーは汚れが目立たない。
シャツは基本となる白を選ぶべき。
学生時代は着る機会が少ないのが、リクルートスーツ。
しかしあまりにも着慣れない感があると、面接での印象もイマイチ。
早めに準備して着慣れておくことも、就活の一環と言えます。

面接官と聞けば、たいていの就活生が構えてしまいますが。
構えすぎては、無駄にプレッシャーがかかりますよね。
なれなれしい態度はNGですが、卑屈な態度もいけません。
明朗な言葉で、礼儀正しく自己アピールを嫌味なく伝えると好印象を。
ヘラヘラしろとは、言いませんが笑顔は大切な自己アピールにも。
このエントリーをはてなブックマークに追加