100円ショップで充分?コーヒー豆のおすすめ保存容器はこれ!

100円ショップで充分?コーヒー豆のおすすめ保存容器はこれ!
donabecoffee
執筆を依頼する
私は自家焙煎コーヒー豆店を営んでいる者です。

今回は保存方法について書いてみます。

よく「コーヒーは生ものである」と言われます。

たしかに乾物ですし、そうそう腐ったりするものではありません。

ですが焙煎後、一週間もたつと香りも飛び、

どうしても豆の油分が浮いてくるなど、湿気を帯びてきます。

そして抽出の際も、必要な豆のふくらみも、少なくなっていきます。

ですから、もしすぐに飲まない場合は、

冷凍庫で保存することをおすすめしています
(水分がほとんどないので凍ることなく、使用する際も解凍する必要もありません。)


では、保存容器はどんなものが良いでしょうか。

雑貨店などではよく、コーヒー豆の保存に適した、とてもおしゃれなものが売られています。

私もかつて、それらの容器を手に入れ使ってきました。

ですが、デザイン性はとてもいいものの、

ふたを開けたままにすると倒れやすかったり、

洗いにくかったり、乾きにくかったり、計量スプーンを入れたまま蓋ができなかったり…と、

あくまで個人的な経験上、意外と使い勝手がイマイチだったりします。

そこで私がおすすめしているのは…、

よく砂糖などを入れるときに使う、

画像のような、ふつ~うのタッパーです!!


豆が100~200gほど入って、計量スプーンを入れっぱなしにすることもできます。
(要サイズ確認)


蓋にも柔軟性があり、とにかくあけやすくて、しめやすい

もちろん密着性も充分ですし、口も広くて洗いやすいのもメリットですね。


いろいろ試しましたが、私の経験上これが一番使いやすかったです、正直。

今でも自宅ではこのタッパーを使っています。

先ほど「コーヒーは生もの」であると書きました。

もし業務用などのように大量に使うのであれば、

密閉性、デザイン性のすぐれた容器がよいでしょう。

でもそこまで大量に必要ない家庭用であれば、

新鮮な豆を少量ずつ購入し、

100円ショップでも売られている、このような普通のタッパーで

常温保管されることをおすすめします。


もしすぐに飲まれないようでしたら、そのまま冷凍庫へ。


適した保管をして、

焼き立ての香りを、

そして次第にそれが落ち着き、コクや甘みが引き出される過程、

その両方の味を楽しんでいただきたい、

と焙煎屋的には思うわけです。
donabecoffee
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加