本当のアメリカンコーヒーはうすいだけじゃない!?

本当のアメリカンコーヒーはうすいだけじゃない!?
donabecoffee
執筆を依頼する
私は自家焙煎コーヒー豆店を営んでいる者です。


かつて、昔ながらの喫茶店では、

各主産地のストレートコーヒーはもちろん、

その店のブレンドやストロング…

そしてたいてい「アメリカン」というメニューがありました。

一般的にやや味がうすくて、一回りカップが大きく量が多めだというのが特徴。

最近は「アメリカ―ノ」という「エスプレッソのお湯割り」の方がなじみがあるのでしょうか?


以前、筆者が働いていた喫茶店の「アメリカン」は、ブレンドに一定量のお湯を足したり、

ブレンドと同じ量の豆で、一定量多くドリップしたりして提供していました。

いわゆる「さっぱり目におとしたコーヒー」という形です。


でも実は、本当の「アメリカンコーヒー」というのはそれだけではないのです!


もちろん「アメリカンコーヒー」の由来は諸説あります。

でも、いわゆるアメリカの西部劇でイメージされるような、

野外でのローストし、キャンプでパーコレーターで煮出すように淹れたコーヒー、

おそらくこれがスタンダードだったのではないでしょうか。


以上の条件でどんなコーヒーができるかを想像しますと…

おそらく火を通しきらない浅煎りの豆で、

かつ煮出すことでやや酸化の進んだコーヒーの味になりやすかったのでは、

と考えられます。


つまり、

「浅煎り豆で、やや酸味のあるコーヒー」

こそが本来のアメリカンコーヒーだったのではないでしょうか。


数年前からエスプレッソやカフェラテなどに代表されるような、深煎り系の濃いコーヒーが流行し、

現在は「サードウェーブ」と言われるような、酸味系コーヒーの人気も高まっています。


ある意味で、「アメリカンコーヒー」の味は、時代を先どっていたのかも?

と焙煎屋的には思うわけです。
donabecoffee
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加