猫好きなのに猫アレルギー!それでも一緒に暮らしたい場合のポイント

猫好きなのに猫アレルギー!それでも一緒に暮らしたい場合のポイント
表情も仕草もかわいらしい猫。
ぎゅっと抱きしめて、毎日楽しく一緒に暮らしたい!と思っていたのに、猫に近付くとくしゃみや目のかゆみ、
肌のぶつぶつなど猫アレルギーの症状が出てショック!…という経験をした方は、少なくないことでしょう。

大好きなのに、体が拒否するこの苦しさ!!

猫好きなのに猫アレルギーだから飼うことができないと諦めている方、
飼い方次第で猫との暮らしを実現することもできますよ。


1.猫アレルギーって何?


花粉に反応する花粉症、食べ物に反応する食べ物アレルギー、光に反応する光過敏症などと同様に、
猫の毛や皮膚、ホルモンなどに反応してしまうのが猫アレルギーです。
その症状として、
目のかゆみや充血、腫れや涙、くしゃみや鼻づまりや鼻水、喉の痛みやかゆみや咳、唇の荒れ、肌荒れ、
肌のかゆみなどさまざまなものがあります。
ひどくなると、胸を締め付け息苦しくなってしまうなど深刻な症状を引き起こすことも。

最近の研究で、猫アレルギーを引き起こすアレルゲンが猫の唾液に含まれる
「Fel d 1」というタンパク質ではないか? という結果が発表されています。
猫が毛繕いで体中をなめる際に体中にこのタンパク質が付着し、
バクテリアの一種と反応して、人間のアレルギー反応を引き起こすと考えられています。

2.猫アレルギー症状が出たら猫が飼えない?


猫アレルギーが出てしまったから猫が飼えない!というのも非常にストレスが溜まりますね。

残念ながら、猫アレルギーがあっても、
一緒に暮らしているうちに体が慣れて自然に治っていくということはありません。

ただ、猫アレルギーの症状の重さにもよりますが、比較的軽い場合には
毎日の生活で以下のポイントを実行することで、からだの反応させず、
アレルギー症状が出ないようにしながら一緒に暮らすことができますよ。

3.体を反応させないポイント


  • 掃除をこまめに行う
  • 猫の毛や皮膚(フケ)は常にそこらじゅうに落ちています。
    そのため毎日掃除機をこまめにかけること、コロコロなどでソファーやクッションなどもきれいにすること、
    天気の良い日には猫が接触したものを外に干すことなど、丁寧な掃除をするようにしましょう。

  • 窓を開ける、空気清浄機を使う
  • 猫の毛やフケ、ホルモンなどが室内に溜まらないよう、天気の良い日は必ず窓を開けて換気を行うようにしましょう。
    天気が悪い日・夜などは空気清浄機を使うなども効果的です。

  • ブラッシングをこまめに行う
  • 抜け毛の季節だけでなく、一年中しっかりブラッシングすることも大事です。
    目の粗い人間用のブラシではなく、猫専用の目の細かいブラシで優しくブラッシングしてあげると、
    猫とのコミュニケーションや信頼関係づくりに役立ちますよ。

  • 猫を定期的にお風呂に入れる
  • 猫は水嫌いというイメージがありますが、気持ちよい温度で優しく安心できるように入浴させてやれば
    次第に慣れて、おとなしくお風呂に入ってくれる猫も少なくありません。
    猫の皮膚やブラッシングでとりきれなかった毛、猫のホルモンなどを洗い流すことで、
    アレルギー反応が起こるのをおさえることができます。

  • 猫が暮らす部屋を限定する
  • 室内飼いをするときに、猫が入れる部屋を限定することも大事なポイントです。
    自由に家の中を行き来できるのは猫にとってはうれしいことですが、
    猫アレルギーを持つ飼い主にとっては、掃除をする範囲がさらに広がって大変になるだけ。
    猫がかわいそうと思うかもしれませんが、猫が暮らす部屋には猫のおもちゃなどを置いて
    たっぷり運動ができるようにしてやることで、移動範囲の狭さをフォローしましょう。
    とくに、ベッド等に猫の毛や皮膚が付着するのを防ぐために寝室への入室は禁止にすると良いですよ。

  • 猫を触ったら手を洗う
  • 猫を抱っこしたり触った後で、目や口など顔を触るとアレルギーが出やすくなります。
    猫を触ったらちゃんと手を洗う、という習慣を身に付けることも大事です。
    また、服に触れたらコロコロを使うなどして付着した毛を取り除きましょう。

  • アレルギー症状が出にくい猫にする
  • 猫の品種によってもアレルゲンの分泌量が異なります。
    比較的少ないと言われているのが、スフィンクスやロシアンブルー、アビシニアン、ベンガル、オリエンタルショートヘアーの無毛・短毛種です。
    品種によって穏やか・活動的など性質も異なるので、自分に合う猫を選ぶと良いでしょう。
    また、オスよりもメスのほうがアレルゲンが少ないと言われています。



好きなものを体が受けつけないことで我慢しなければいけないというのは、非常にストレスが溜まるものです。
だからといって、準備や心構えもナシにいきなり飼って「やっぱりダメだった」というのはあまりに無責任。

そんなことにならないよう、知人やペットショップから数日猫を借りてお試し同居をしたうえで、
毎日自分がこまめな掃除ができるのか、その上であらわれる反応はどれくらいか
等をみてみるとさらに安心ですよ。

猫アレルギーがあるけれど、見ているだけでは満足できないという方は、
ぜひ上記のポイントをしっかり押さえて、かわいい猫の暮らしを始めてみてはいかがでしょうか。

参考サイト 
「子猫のへや」
「AFP」  
このエントリーをはてなブックマークに追加