都会に住む共働き夫婦が初めて犬を飼うときに読んでほしい12のこと(5)

都会に住む共働き夫婦が初めて犬を飼うときに読んでほしい12のこと(5)

3日目 子犬がご飯を食べません


子犬が来た当初、病気でもないのにフードを食べなくて悩む飼い主は意外と多いようです。
すでに犬を飼っている人に相談すると「精神的なものだから、大丈夫だよ」と言われますが、
初めて犬を飼うと心配で仕方ありません。

今回は、子犬が来て1週間以内、前日まで食欲旺盛だった子犬が
急にフードを食べなくなったときの対応例を紹介します。
便や体調を見ながら、フードを食べない理由を探ってみましょう。


1.心配なら相談すること

病気や先天的な原因ではない場合、精神的なものなので新しい家に慣れれば食べます。
しかし、いつ慣れるのか、いつ食べ始めるのかわかりません。

子犬の場合、フードを食べないと体力が維持できないので、あまり悠長に構えていられません。
そのため、半日、水は飲んでもまったく食べないのなら、購入元や病院に相談すると
フードの与え方を変えるのか、点滴を受けるのかなど適切な助言をもらえます。

2.食べない時の工夫

もし、フードを食べなくても水を飲んでいれば、脱水症状は防げるので、水だけでも飲ませるようにしましょう。
自発的に水を飲まない場合、指に水をつけて犬の口もとに持っていって口に含ませるか
哺乳瓶のようなものを使って飲ませます。

フードも指で少しづつ口に運ぶことで、食べることがあります。
最初は大変かもしれませんが、一粒でも多く食べさせましょう。

子犬の時は、ドライフードをふやかして食べさせますが、成犬でもドライフードにお湯をかけることで
においを強くし、食欲を掻き立てることができます。
ドライフードをそのまま食べさせるのではなく、お湯をかけてフードを少しつぶして、おいしさを演出しましょう。

生まれた時から同じフードを食べているのに、新しい家では食べないこともあります。
その時には、ドライフードに缶詰に入ったウエットフードを混ぜてみましょう。
ウエットフードは歯触りがよかったり、においがあるので、食欲がわくようです。
この時の缶詰は、子犬が食べても良いものを購入します。
わからない場合、ブリーダーやペットショップで聞くと教えてもらえます。

3.どのくらい食べればOKか?


食べないといっても様々なパターンがあります。
「まったく食べない」「半分食べる」「食べる時と食べない時がある」など、
同じ「食べない」でも犬によって違います。

フードの量は、成犬時の体重予測をもとにフードの袋に書かれた目安量を与えますが、
ブリーダーやペットショップで同じ量を与えていたかどうかはわかりません。
もしかしたら、購入元より量が多くて、驚いて残しているのかもしれません。

フードの適正量は、犬によって違います。
食べた分量を記録して少しずつ増やしていくとそのうち、適正量が分かります。

余談:
筆者の犬は、適正量のフードを1週間食べませんでした。
そのうち2日間は10gしか食べませんでした。ドライフードだけでは食べなかったので、
ウエットフードを混ぜましたが、2回目には食べず、缶詰も2種類試しましたがどちらも食べてくれません。

最終的に別銘柄のドライフードを混ぜたら食べ始めました。
フードの切り替えは、下痢の原因の一つなので、慎重に行うべきなので、
誰にでも勧められる手ではありませんが、改善策の一つです。
このエントリーをはてなブックマークに追加