番外・アレンジ編 ~黒米甘酒、玄米甘酒にも挑戦~

番外・アレンジ編 ~黒米甘酒、玄米甘酒にも挑戦~
前回は、ヨーグルトメーカーで甘酒の作り方をご紹介しました。
お試しいただけましたか?

今回は、番外編・アレンジ編で、白米のご飯以外で作る甘酒をご紹介します。

●黒米甘酒

「黒米」をご存知ですか。
最近は雑穀ブームで、飲食店でも「十三穀米」など、雑穀を使ったご飯を出しているお店も多いですよね。
「黒米」は、古代米の一種で、その名前の通り、見た目が「黒いお米」です。
黒い部分には、ポリフェノールの一種アントシアニンが含まれています。
白米と一緒に混ぜて炊くことで、ご飯全体が淡い紫色になって、とても色鮮やかなのです。

<作り方>
①黒米入りご飯を炊きます。白米を研いだ後、白米1合に対して黒米大さじ1杯を入れて通常通りに炊飯します。
※黒米の黒い部分、アントシアニンは水溶性なので水に溶け出します。
米を研ぐ前に入れてしまうと、せっかくの栄養分が流れ出てしまいます。研いだ後に加えましょう。
②あとは、通常のご飯を使った甘酒の作り方と同じです。

◆材料
炊いたご飯…お茶碗1杯(150g)
米麹…100g
水…200cc
③広めのボウルに、ご飯と水を入れて混ぜます。水の量はご飯がひたひたに浸かる程度です。
④③に米麹を入れてよく混ぜます。ひたひたになるように、さらに水を足します。
⑤容器に入れて、ヨーグルトメーカーにセットします。55~60℃で6~8時間保温します。
⑥どろっとしていて、味見をして甘味が出ていれば完成です。

●玄米甘酒

玄米は栄養豊富で、美容にもダイエットにも健康にもいいのは有名ですね。
でも、白米と比べると、どうしてもボソボソ、パサパサしておいしくない…。
そこで、おすすめしたいのが「玄米甘酒」です。
玄米の栄養はそのままで、麹菌の発酵パワーでさらに栄養プラス、甘くて飲みやすいですよ。

<作り方>
①玄米ご飯を炊きます。
炊飯器の「玄米モード」で炊いてもいいし、水を増やしてお粥にして食べるのもいいですね。
②あとは、通常のご飯を使った甘酒の作り方と同じです。
上にご紹介した、「黒米甘酒」の◆材料と作り方は同じです。

いかがでしたか。
白米の甘酒とは、見た目や味わいもちょっと違いますよね。
『毎日続けていると、飽きてしまいそう』と思う方は、玄米や黒米入りのご飯で甘酒作りにチャレンジしてみませんか。
このエントリーをはてなブックマークに追加