北海道へ行くなら!癒され絶景スポット紹介④小樽編

北海道へ行くなら!癒され絶景スポット紹介④小樽編
小樽といえば運河の街。
ズラリと並んだ石造りの倉庫群と壁に刻まれた味のあるロゴ、蔦が濃い緑を茂らせ、夜には仄かに灯るガス灯も絵になります。
ガラス細工の盛んな小樽では、キラキラと光を反射する繊細で美しいガラス製品をあちこちで見ることができます。また、オルゴール専門店も多くあります。
明るくエキゾチックな港町のイメージは本シリーズの1番目にご紹介した函館と同じですが、小樽にはもう少し大人でよそ行きな雰囲気があります。

ガラス細工の体験教室


ガラスの街小樽では、手作り体験ができるお店もたくさんあります。吹きガラスやガラス彫刻、トンボ玉を使ったストラップ作成など、お好みに応じて色々選べます。
お店が多すぎてお土産選びにも迷いますが、北一ヴェネツィア美術館も運営し市内に複数店舗を展開する老舗「北一硝子」は中でも特にオススメ。三号館の喫茶店「北一ホール」では、小樽ガラスのランプの優しい灯りの中でお茶とお食事ができます。

http://www.city.otaru.lg.jp/kankou/miru_asobu_tomaru/kankosisetu/seisakutaiken.html


小樽オルゴール堂


圧倒的品揃えのオルゴールの専門店。小樽市内に本館、2号館(アンティークミュージアム)など6店の他、道内2店、道外5店を展開。「手作り体験 遊工房」では、お好みの部品や音楽を選んで自分だけのオルゴールが作れます。2号館では、オルゴールの起源とも言える自動演奏機能のあるエオリア・パイプオルガンなど、歴史的価値のあるアンティークが音色も当時のままに鑑賞できます。

http://www.otaru-orgel.co.jp/


ルタオ


お取り寄せチーズケーキで有名な「ルタオ(LeTAO)」の本店はどこにあるでしょうか?
名前でお分かりかもしれませんが、そう、ここ小樽です。
北海道産のミルクと卵・小麦粉に、厳選された世界のチーズ。北海道で作られたこだわりのチーズケーキが、美味しくないわけありません。一番人気の「ドゥーブルフロマージュ」は、ベイクドとレア両方の層が口の中で絶妙に溶け合う至極の一品。
2階はカフェになっているので、趣の違う3種類のチーズケーキとドリンクがセットになった本店限定の「ルタオベストセレクション」(¥1,404)で、ぜひお好みの一品をみつけてください。

http://www.letao.jp/


喫茶店


小樽には、「古き良き」という形容詞がぴったりな、コーヒーの味にもお店の外観にも刻まれた年輪を感じるような、趣ある喫茶店が多いようです。
駅前商店街のアーケードの一角で一際目立つレンガ造りの建物、昭和8年創業の「純喫茶 光」もそんなお店の一つ。突出したキツさがどこにもない「昔ながらの」コーヒー、「光」パッケージされたカステラが添えられているのも嬉しい。誰かに自慢したくなる、何年かに一度は訪れたいリピート必至の名店です。

http://otaru-class.com/blog/2015/02/23/純喫茶-光/

このエントリーをはてなブックマークに追加