北海道へ行くなら!癒され絶景スポット紹介⑥美瑛

北海道へ行くなら!癒され絶景スポット紹介⑥美瑛
見渡す限り一面に続く花畑、遠くに寂しげに木が風に揺れ、濃密な夕暮れの気配が辺りを包み込む。
美瑛の丘の美しさを一番最初に紹介したのは、写真家の故・前田真三氏でした。その後、美瑛はすっかり人気の観光スポットとなり、色々な撮影地としても使われるようになり、CMやドラマなどで取り上げられた場所が新たな観光地としてさらに人気を呼んでいます。


写真ギャラリー拓真館

前田氏の残した写真ギャラリーで、付近の自然もすばらしく、氏が手入れをした白樺林の小路も美しく育っています。
前田氏の名前はご存じないかもしれませんが、写真を見れば誰でもきっと見覚えがあると思います。著作権の関係上ここには氏の写真を掲載しませんが、検索すればたくさん画像が出てくると思いますので、美しい美瑛の風景画像をぜひご覧ください。

http://harukanaruoka.com/gallery.html


美瑛の丘

美瑛の丘へは、ぜひ車で訪れるべきです。
名所揃いの美瑛の丘ですが、前もっていきたいところをピックアップしておき、美しい風景を求めて色々訪ねてみてはいかがでしょうか。トイレやお土産屋さんがないところもありますので、事前調査は必要です。
ご存知の通り、美瑛の丘の美しい風景は、農家の皆さんが耕作する普通の農地からなっています。あくまでもそれを忘れず、農家の皆さんの迷惑にならないように観光させていただきましょう。

http://www.onitoge.org/furano/moka.htm


青い池

斜里郡清里町の神の子池とともに、口コミでその美しさが広まり、近年一気に人気観光スポットになりました。名称は「池」となっていますが、その成り立ちから巨大な水たまりとして認識されています。
1988年の十勝岳噴火を受けて建設された堰堤(堤防)に想定外に水が溜まってできたもので、詳細は分かっていませんが、コバルトブルーの不思議な水色は水酸化アルミニウムによるものと思われています。水が溜まったことでもともと映えていたカラマツが水の中に立ち枯れ、葉のない幹だけをボウボウと生やしている姿も一層奇観を際立たせます。

https://www.biei-hokkaido.jp/search/sightseeing/viewspot/000035.html

このエントリーをはてなブックマークに追加