タイの旧正月を祝う水掛け祭り(タイ ソンクラーン)

タイの旧正月を祝う水掛け祭り(タイ ソンクラーン)
アジアのお祭りというと、どことなくカラフルで派手なイメージがありますよね。
今回は、タイを代表する賑やかなお祭りをご紹介します。

タイの「ソンクラーン」ってどんなお祭り?

日本以外のアジア諸国では旧正月を祝う国が多く、タイもまたその一つです。
タイでは毎年、旧正月を祝うためにソンクラーンという祭りが行われます。
元々は仏像や仏塔、そして年長者の手に水を掛けて清めるという習慣から始まりました。
水を掛けるということは「敬意を払う」ことを意味するのだそうです。
いつの間にか水を掛け合って正月を祝う祭りに発展したのが現在のソンクラーンです。
このソンクラーン自体はミャンマーやラオスなどでも祝われている行事ですが、
もっとも賑やかで派手な祭りとしてタイが挙げられます。

毎年タイのソンクラーンは4月13日から15日。この3日間は祝日になっています。
その前後10日間はテーサカーン・ソンクラーン(ソンクラーン期間)と呼ばれて、
各地で様々なイベントが行われます。
ソンクラーンはタイでもっとも暑い時期に開催されます。
水を掛け合って猛暑を乗り切るという意味もあるわけです。
このメインの3日間は、日本でいうお盆のような期間に当たるので、
地方から都会へ出稼ぎに出ている人たちが一斉に田舎に帰省します。
タイ国内の交通機関は大変込み合いますので、ソンクラーンを目指してタイ入りするのであれば、
早めに都市部に到着している方がベターです。
タイ全土で行われるソンクラーンですが、最も派手なのがタイ北部のチェンマイと言われています。
バンコクではバックパッカーの聖地、カオサン通りや王宮周辺を中心に水掛け祭りが開催されます。

全身びしょ濡れの無礼講祭り

このお祭り、水掛け祭りの名の通り、とにかく水を掛け合います。
ルールとして、誰に水を掛けてもOK、誰に掛けられても怒ってはいけません。
ただし例外として、僧侶と警官には絶対に水を掛けてはいけません。
朝は早朝から始まり、日が落ちて暗くなると水掛けは一時休止になります。
それ以外はなんでもアリ!なのです。

降りかかるのは水だけじゃありません

道行く人であれば例外を除いて誰にでも水を掛けていいので、ただ立っているだけで周囲から猛烈な水を浴びます。
街に溢れる人たちのほぼ全員が大きな水鉄砲を標準装備しています。
時にはバケツ、はたまた車やトラックからは大量の水がホースで撒かれることも。

とにかく無差別に攻撃を受けるので、そこは怒らずに水で反撃しましょう!
氷水や泥、色つきの水を浴びることもありますのでご注意ください。
さらに冷却効果を高めるために、メンソール配合のベビーパウダー入りの水をかけることもあります。

お祭りは4月16日の深夜0時まで続きます。
ソンクラーン期間中は電子機器を持って歩くのは厳禁!当然ですが防水必須です!
服も必ず汚れてもいい服にしましょう。
外国人観光客の皆さんは水着姿で参戦する人も多数います。
ここぞとばかりにハメを外しちゃうのも楽しいですよね。
道路は水浸しで滑りやすくなっているところも多いため、交通事故も多いようです。
周囲に気を配りながら水掛け祭りでめいっぱい遊びましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加