思い込みを捨てよう!子育てを楽しもう! ~Vol.7子どもはお母さんが考えていることを知っている

思い込みを捨てよう!子育てを楽しもう! ~Vol.7子どもはお母さんが考えていることを知っている
お子さんに関して、こんなことはありませんか?

「早く寝かせたいと思う日ほど寝てくれない」
「母親がイライラしていると、子どももなぜかぐずったり暴れたりする」
「夫婦喧嘩をしていると、子どもが体調不良になる」

その理由は、お母さんと子どもが「つながっている」からです。
つながっている」ってどういうこと?と思いますよね。

これは、筆者の息子から聞いた話です。
子どものおへそあたりから透明なコードが出ていて、それが母親のおへその下あたり(子宮がある場所です)に
つながっていると言うのです。
息子が言うには、そのコードは生まれてから死ぬまで、ずっとつながっているそうです。

だから、母親が「早く寝て!」とキリキリしている気持ちは筒抜け。
子どもまで落ち着きません。
不安になっていたりイライラしているときは、子どもも不安定になります。
子どもに隠れて夫婦喧嘩しているつもりでも、子どもには分かります。

筆者が息子に言われたのは、「お父さんとお母さんがケンカしているときは、おへそが痛くなる」。
つながっているコードのところが痛くなるそうです。
不思議な話ですね。

超心理学という学問では、母子間はテレパシーが通じやすいという研究もあるようですよ。
筆者と息子も何度か不思議なテレパシー体験をしています。

母と子にコードがあるということは、私たち大人のおへそは、自分の母親とつながっているということになりますね。
「両親との関係が悪い人に成功はない」と言われる所以は、そこにあるのだと思います。
両親との関係は、この人生で解決しておいたほうがいいことなのかもしれません。
亡くなってからようやくそれに気づく人もいます。
恥ずかしくて直接感謝を伝えられない場合はどうすれば良いか、と聞かれることがあります。
もちろん直接伝えられたらそのほうが良いですが、もし難しい場合は、
心で感謝を伝えれば大丈夫ですよ。必ず伝わります。

親子はいつも、つながっていますからね。
このエントリーをはてなブックマークに追加