寒い日にも、着ぶくれしないおすすめのファッションとは?

寒い日にも、着ぶくれしないおすすめのファッションとは?
上條ハンナ
執筆を依頼する

寒い日でも着ぶくれしないおすすめのファッションとは!?

ついに、日本中が寒さの厳しい季節になってしまいました。寒い日には、ついつい重ね着をしてしまいがち。
結果、寒さを防ぐどころか肩が凝ってしまうこともしばしば。そして、女性にとって着ぶくれはおしゃれ感がありませんよね。

そこで、寒い日でも着ぶくれしない、あったかおすすめファッションを教えちゃいます!

下を重く、上を軽く!

ヒーターなどの暖房器具を使用すると、暖かい空気は上へ上へと上がっていきます。
その結果、足元が寒くてひざ掛けが離せない状態に…

人は、足元が寒いと落ち着かないものです。冬の服装も、この原理と同じことが言えます。つまり、足元を重点的に暖めれば、上半身は軽い服装で大丈夫。足元は靴下を重ね履きしたり、タイツではなくレギンスを重ね履きします。靴下とレギンスの間に、レッグウォーマーを重ねれば完璧です!

ポイントは、ロングスカートやワンピース!

「そんなに重ね履きしては、いつもの冬のモコモコファッションと変わらない!」
そんなご意見もあるでしょう。しかし、下半身のモコモコは簡単な方法で解決できます。
ロングスカートや、ワンピース、丈の長いチュニックなどをコーディネイトするのです。長い裾が、重心を下に持っていきますので、重ね着した下半身は目立たなくなります。そして、上半身は薄手のハイネックやブラウスで充分。下半身を温めている分、余計な熱を逃がす役割もあります。これで肩こりを防ぐことができますし、ある程度首元の空いたファッションも楽しむことができます。下半身をしっかり温めておけば、意外と上半身は薄着で大丈夫なものです。

まずは一度、お試しあれ!

ファッションにも自然の原理を取り入れてみる

ヒーターなどの温風が、上へ上へと上がってしまうのと同じように、人の熱も上と上がっていきます。日常で、活発に動く身体部分は上半身ではないでしょうか。また、第一印象を決めるのも頭部から肩の付近であるといわれています。

上半身をすっきりさせることによって、寒い冬でも明るく過ごすことができるのではないでしょうか。
上條ハンナ
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加