第11回 目標をもってメリハリをつくる

第11回 目標をもってメリハリをつくる
習い事をするなら、ある程度の成果を披露したいと思いますよね?
習得した技術が世の中に出ていかないで、ダラダラ続けているだけになってしまってはもったいないです。

披露できる場、機会が用意されている

モノづくり系の習い事では、ご自宅に持ち帰り、飾ったり使用したりすることができます。
ただ、その空間にいる人たちだけで楽しむことになりますよね?
長い期間習い続けて、自信を持って作品といえるようになったら、展示会などを活用して世の中に披露しましょう。
習っている場所によっては、発表の機会が用意されています。
また、団体が行っているイベントやコンクールなどへの応募を手伝ってくれるところもあるでしょう。
自分の実力がどのレベルなのか計ることもできますし、
期限を決めて作品作成に取り組むといった新しい目標ができます。
さらにコンクール受賞などできれば、意欲向上につながり、もしかすると少し稼ぎになるかもしれません。
せっかく習っているのですから、上を目指して取り組んでみましょう。


いつもと違う自分を楽しむ

では、音楽系、運動系の習い事はどうでしょうか。
スポーツクラブ、サークル、個別のスクールでは発表会を行っていたり、
街でのイベントに参加していたりと行事があるところが多いです。
習い始める前に確認をしておいたほうが良いでしょう。
そのような機会がある場合、1、2か月前から準備が始まり、通常の流れと少々異なる場合が出てきます。
まずは技術を習得という方はご注意ください。
とはいえ、そのような機会には参加したほうが良いと思います。
集中して周りの人と練習をすることができるので技術向上はもちろんのこと、
発表会では衣装を着たり、ライトアップされたりと非現実を味わうことができ、
とても良い爽快感を得ることができます。ある程度頑張ってきたのであれば参加しましょう。

恥ずかしい、自信がないと参加に悩むこともあると思いますが、
ある程度の期間習ってきたのであれば、勇気をもって頑張ってみてください。
とても良い記念になりますし、次の目標を見つけられる良い機会になるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加