第12回 よくある習い事トラブル

第12回 よくある習い事トラブル
最後に習い事でよくあること、筆者自身が失敗した例などをご紹介します。
習い事自体はポジティブなことですので、心得程度にご参考にしてください。


自分の考えている費用対効果

続けたいけれど、費用が…というのはつきものです。
ある程度の期間と費用は、先に決めて計算をしておきましょう。
また、価格だけでなく、教えてくださる方の指導内容、進む手順、受けている人数など確認しましょう。
高い安いで決められない部分は要チェックです。
筆者の失敗としては、人数が多いことにより、なかなか自分を見てもらう時間が短く
質問しづらいということや、いつでも自由に参加可能などの場合、
自分でスケジュールを決めなければならないため、サボリがちになってしまったなどあります。
そうすると、払っている金額に見合っているか疑問です。
価格ももちろんですが、どのような流れで、どのような環境で、何を作り上げるのか初めに確認しましょう。

人間関係もいろいろ作用する

習い事として提供しているサービスの場は、自分一人ではないことが普通です。
老若男女さまざまな方と触れ合うことになります。
その時重要なのは、どこまでお付き合いを深めるのかということです。
ご近所づきあいと一緒ですが、タイプの違った方もいますので、
よく周りをみて、はじめのうちはフラットな関係で取り組むと良いでしょう。
しばらく状況を見ていれば、グループ関係、先生との関係など見えてきます。
そこから交流を深めていくことをお勧めします。
習い事とはいえ、上下関係、新旧、考える方もいます。
人間関係トラブルで、本当の目的を見失わないように気を付けてください。
ですが、気の合う仲間ができてくれば、より楽しく習い事を続けることができます。
習い始める前に、レッスン、指導終了後の雰囲気なども確認すると良いでしょう。



習い事についてお話をしてきましたが、
心から楽しめるものに出会えれば、その技術、人間関係すべてにおいて一生ものになりえます。
何か新しいことを始めるのは楽しいことです。
有意義な時間を過ごしてリフレッシュし、より充実した生活にしていきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加