働く人に飼いやすい動物は「はりねずみ」

働く人に飼いやすい動物は「はりねずみ」
(筆者:撮影)

共働きが当たり前になってきた今、家を空けている時間帯が多いご家庭も少なくないと思います。
一方で、ペットを飼いたいと考える人も増加しています。
犬や猫のような動物は構ってあげれないと可哀想という方に、飼いやすい動物をご紹介します。
それは、最近秘かに人気が出つつある「はりねずみ」です。

なぜ、はりねずみが飼いやすいかと言うと、はりねずみは、基本的にそっとしておいて欲しい動物だからです。
構いすぎると反対にストレスが溜まり、病気や早死にしてしまうのです。
どちらかといえば、観賞用として飼う方がいい動物なので、毎日の餌、水の交換や掃除をしてやれば十分なのです。

(筆者:撮影)

犬のように散歩に連れて行ったり、一緒に遊んだりなどはしなくても平気なので、
必要最低限の世話ができる方なら、共働きをしていても十分に飼えます。

では、全く構ってはいけないのかと言うと、そうではありません。
はりねずみは、懐くことはなくても、環境や人に慣れることはあります。
仕事がある日は最低限の世話をして、休日に部屋散歩をさせたり
好物を与えて慣らしていっても良いと思います。
ふれあい、慣らすことでハリネズミにもストレスが溜まりにくくなり、
病気にもならず長生きしてくれることでしょう。

ただし、注意して欲しいことがあります。
それは、放ったらかしにしてはいけないことです。
構わなくていいことが放ったらかしにしても良いというわけでは決してありません。

  • ①毎日餌を与えること。
  • ②水を交換すること。
  • ③汚れたケージを掃除すること。
  • ④ハリネズミの適温・湿度を維持すること。(適温:23度~30度、湿度:60度)
  • ⑤健康状態を日々確認すること。


以上が大事です。
⑤については、針が抜けすぎていないか。歩き方に異常がないか。排泄物の色は正常か。などがあります。

ペットを飼う際の最低限のルールをきちんと守った上で、値段や飼いやすさを考慮すると、
仕事をしている方にとって、はりねずみは飼いやすい動物なのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加