北海道へ行くなら!癒され絶景スポット紹介⑪知床

北海道へ行くなら!癒され絶景スポット紹介⑪知床
普段パワースポットに無頓着な筆者でも、時にはそこにいるだけで「気持ちいいな」と感じる場所があります。
空気がきれいとかマイナスイオンが出てそうとか、そんな言葉で説明できる状況を超えて、不思議と心が和らぐ場所。
知床が、まさしくそんな場所の一つです。
1人で取り残されたらとうてい生き延びられそうもない大自然の中なのに、何故かホッとする。「帰ってきた」という安心感のような。
人類が進化の途中で置いてきた「何か」が満たされる、そんな気がするからでしょうか。

知床五湖

知床といえば、知床連山を映す知床五湖の静謐な水面を外すわけにいきません。
五つある湖は一湖〜五湖と命名されており、地上遊歩道と高架木道が整備され、エゾシカなど周辺に生息する動植物を身近に感じることができます。(※出没情報が緊密に共有されてはいますが、ヒグマを身近に感じてしまった場合は、冷静に逃げましょう。)

http://www.goko.go.jp/index.html


滝4選

知床半島のオホーツク海側には滝の名所が幾つかあります。それぞれに違った趣があるので、幾つか訪ねてその違いを楽しんでみては。

・オシンコシンの滝 … 日本の滝100選にも選出、崖面を白糸のように彩る豪快な奔流
・フレペの滝 … 別名「乙女の涙」、断崖途中の割れ目からホロホロと流れる静かな水流
・カムイワッカの滝/カムイワッカ湯の滝 … どちらも、滝状の川が流れる温かい温泉水
・カシュニの滝 … 裏が洞穴で崖から海面へ30mほど直下する滝、フェリーから観覧可能


厳冬期のイベント

知床半島は、冬期の日中の最高気温でさえ氷点下という寒さの厳しい地域ですが、その寒さ故に体験できることもあります。

・知床ファンタジア
毎年2〜3月頃に開催される知床の冬のイベントで、レーザーでオーロラを再現した「オーロラファンタジー」も上映します。オーロラ体験イベントは国内でも幾つか開催されていますが、実際にオーロラが現れたことのある場所では、知床だけでしょう。
ひょっとしたら知床ファンタジアの帰り道に、本物のオーロラが!? …なんてうまくはいかないでしょうが、絶対ないとも言いきれませんよね。

http://www.shiretoko.asia/list_event.html


・流氷ダイビング
国内で流氷ダイビングといったらやはり知床でしょう。こちらも、時期的には2〜3月頃。
ただし、潜水だけでも大変なのに、地上とは厚い氷を通して隔離されることや水温の低さ(マイナス1度程度)など条件が非常に厳しいため、参加にはある程度の資格と経験が必要となります。
流氷の天使クリオネにも出会えるかも。腕に覚えのあるダイバーには、ぜひチャレンジしていただきたいです。

http://www.aurens.or.jp/~sdiving/sub1.html

このエントリーをはてなブックマークに追加