コラーゲンは美容に効果ない?! 栄養士が語る〝コラーゲンと美肌の本当の関係性〟

コラーゲンは美容に効果ない?! 栄養士が語る〝コラーゲンと美肌の本当の関係性〟
みさみさ
執筆を依頼する
最近、なにかと話題になっているコラーゲン。美容効果があるのかないのか、今回は栄養士の立場からお伝えします。

数年前、突然美肌に効果のある成分として一大ブームを巻き起こし、コラーゲンといえば肌にいいという認識が植えつけられてきたのにもかかわらず、最近になってコラーゲンの経口摂取は無意味という意見が相次いで出てきました。知識も何もない消費者としては、どちらを信じればいいのかという不安と、メディアに踊らされたという不信感でいっぱいだと思います。そこでここではコラーゲンの本当の姿について、詳しく説明していきたいと思います。


なぜコラーゲン!?

そもそもなぜコラーゲンが肌にいいと考えられるようになったのでしょうか。

その理由としては、肌を作っている主成分がコラーゲンだったという単純な理由からです。つまり体内のコラーゲン量が多ければ多いほど肌が美しくなると考えられたのです。実際コラーゲンが不足してしまうと、肌は荒れてしまい最悪の場合老化の進行にもつながってしまいます。ですからコラーゲンが不足しないように、コラーゲンをたくさん摂取する事を勧めたのです。

しかし、ここで大きな過ちが見つかりました。それはコラーゲンを摂取すると、体内でアミノ酸に分解されてしまう為、そのままコラーゲンとして吸収される事が無いということです。これにより最近のコラーゲン経口摂取否定説が浮上してきたというわけです。


コラーゲンはどうやって作られる!?

それではコラーゲンを肌に十分に行きわたらせ、美しい肌を作るためにはどうすればいいのでしょうか。

まず最初に理解しなければいけないのが、コラーゲンがどうやって作られるかということです。コラーゲンを合成するのに必要な主な成分は、グリシンやプロリンといったアミノ酸です。ところがコラーゲンを摂取しても、体内でアミノ酸に分解された時、グリシンやプロリンといったアミノ酸にはなりません。ですからコラーゲンを増やしたいと思ってコラーゲンを摂取しても、コラーゲンを作るアミノ酸にすらならないという事なのです。そこで本当にコラーゲンを増やすためには、グリシンやプロリンへと分解されるタンパク質を摂取する方が効率的なのです。グリシンやプロリンは動物性のタンパク質に多く含まれている、比較的容易に摂取できるアミノ酸なので、少し気にするだけで簡単に不足を補うことができます。

しかし、これらのアミノ酸だけではコラーゲンを合成するのには不十分です。もう一つ、コラーゲン合成には必要不可欠な栄養素があるのです。それがビタミンCです。ビタミンCが不足すると、コラーゲンの合成がうまく行われないため、コラーゲン不足に陥ってしまいます。そうなると肌が荒れるだけでなく、最悪の場合では壊血といった恐ろしい病気まで引き起こしてしまうのです。ですからコラーゲンを意識するのならまず、ビタミンCを意識してみる事が重要だと言えるのです。


コラーゲンは無駄ではない

コラーゲンの経口摂取が無意味だと言われてから、コラーゲンなんて食べても無駄だと考えてしまう人が増えてきているようです。しかしコラーゲンを摂取する事は、私達の体にとって決して無駄な事ではありません。コラーゲンといっても結局はタンパク質の一種なので、普通のタンパク質と同じように私達の体を作ったりエネルギーとなったりという働きをしてくれているのです。たとえ美肌効果に直接繋がらなかったとしても、私達の体のどこかで働いている事は間違いないので、良い意味でも悪い意味でもこだわらずに普通に摂取していってほしいと思います。

また最近ではコラーゲンの分子を低分子化し、吸収に適した大きさにまで分解している機能食品も増えてきているようです。低分子化する事によってコラーゲンの吸収率が上がったどうかは定かではありませんが、利用者の満足度は高いようです。まだまだ解明されていないことの多いコラーゲン効果ですが、悲観的にならずに違う視点からコラーゲンを増やす努力をしてみてはいかがでしょうか。
みさみさ
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加