漢方でホルモンバランスを調整。女性のための健康管理方法

漢方でホルモンバランスを調整。女性のための健康管理方法
シーズンによって変わる女性の体調の悩み、というと、月経サイクルに関するものや、花粉症、冷え性などが挙げられますね。
これらはホルモンバランスが崩れるという女性ならではの症状。
そんなホルモンバランスの崩れによる『プチ不調』をスッキリさせるのに効果的だと評判の漢方薬をご紹介します。


未病って?

近頃、病気になる段階までいかない、半ば健康、半ば病のような状況を「未病(みびょう)」というようになっていますね。検査にかからず、特別な異常はないんだけど、と診断がつかないような場合もあるようです。
かといって、放置するとよくないにきまっている……なにかは異変があるってことでは? 元通りに治してほしい、などと気になる場合もあるようです。
この、未病に効く、伝統ある天然系のハーブ薬の1つが、漢方薬であるといわれていますが、保険適応のある漢方も中にはあります。また、近年クローズアップされることが多い混合診療の問題もあって自由診療にして専門的に漢方薬を取り扱うクリニックも稀にあります。


体調別♪
漢方でサポート 女性の健康管理!


月経不順

・加味逍遥散…どちらかというと虚弱な人向け。月経周期に関連し、精神的にイライラするなどの辛さがある場合等々。肩こりか頭痛か便秘を伴いやすい。めまいや上半身のほてり、倦怠感等があるという場合も。不定愁訴があるタイプ。
月経不順や月経のイライラ、そのような辛さが胃にくることがある場合などに。

・当帰芍薬散…比較的体力がなく、手足が冷えがちな人向け。

・温経湯…冷え症で、かつ手足のほてり、口回りの乾燥があるような人向け。頭痛、月経痛、不眠、湿疹、更年期障害にも。

花粉症

・麻黄附子細辛湯…平素からかぜをひきがち。冷え性、寒がり、スタミナのないタイプ向け。鼻症状に。

・荊芥連翹湯…首から上の皮フにかゆみやほてりがある花粉症の人向け。

冷え性

・冠元顆粒(かんげんかりゅう)…生理痛を伴う冷えの場合や、経血がカタマリになってしまうようなどろどろ血を伴う冷え性などにも。

・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)…手足の冷え、肩こり、腰痛、目の下のクマ、耳鳴り、不眠、不安、貧血など、女性に多い不定愁訴にも。

薬局やドラッグストア、一部のクリニックなど専門的な取り扱いのある処で入手可能な、漢方薬を取り上げてみました♪
※一部に副作用もありますから、服用上の注意書きをよくお読み下さい…

「漢方」の由来

「漢方」とは、「蘭方」つまり江戸時代に流入した西洋医学と分類するために付けられた国内で固有の名称。中華人民共和国付近の色んな統一王朝の入れ替わった国土のことを漠然と指す漢の字を使っているのは、「漢字」と同じ感覚ですね。
漢方薬を産んだ東洋医学は古代中国の陰陽五行の思想に基づく、古代黄河文明からの人々の、膨大な観察や症例によってできてきたという高度なやまい治しの体系といいます。

ちなみに本場の中国には西洋医学と中医学をともに学ぶ人たちがいます。


香りも大事な漢方薬

粉状のエキス製剤が多いですが、元は煎じ薬で、ぐつぐつ煮てお茶のように飲むものが多いなのだとか。エキス剤より、結構大変ですね。
処方にもよりますが、湯に溶いたほうがエキス剤も効き目があがる、といわれています。昔から熱い液体から立ちのぼる、揮発成分などの香りも薬のうちだったそうです。
ちなみに、茉莉花茶などバラエティ豊かな中国茶、最初の1杯は香りをかぐためなのだとか…。

うまく使ってプチ不調を乗り切りたいですね♪
このエントリーをはてなブックマークに追加