手作りコスメでナチュラルな肌に!温泉化粧水の作り方

手作りコスメでナチュラルな肌に!温泉化粧水の作り方
最近、手作りコスメが話題となっています。自分が欲しいと思う成分だけを加えたり、防腐剤などの添加物を入れずに済むので、じわじわと愛用者が増えているようです。市販の製品では刺激が強すぎると悩む敏感肌の方にもピッタリですね。

一般的な手作り化粧水では精製水を使うのですが、ここでは天然温泉水を使った手作りレシピをご紹介します。温泉水にヒアルロン酸とコラーゲンを配合したスペシャルローションです。


用意するもの

・天然温泉水
・植物性グリセリン
・アロマオイル
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・クエン酸
・スプレー容器
・消毒用エタノール
・脱脂綿

今回は、山形県大江町「奥おおえ 柳川温泉」の飲用温泉水を使いました。弱アルカリ性のまろやかな硫黄泉。とろりとした感触があります。

出典: 著者


温泉化粧水の作り方

※ 作り始める前に手をよく洗っておきましょう。

(1) 脱脂綿に消毒用エタノールをつけてスプレー容器を拭き取ります。エタノールが乾くまでしばらく置きましょう。

(2) 消毒したスプレー容器に植物性グリセリン10mlを入れます。しっとりタイプの化粧水を作りたい場合は多めに入れましょう。

(3) アロマオイルを数滴入れ、よく振って混ぜ合わせます。

(4) 天然温泉水80mlを入れます。

(5) ヒアルロン酸5ml、コラーゲン2.5mlを加えます。ヒアルロン酸とコラーゲンは要冷蔵なので、完成した化粧水は冷蔵庫で保存しましょう。

(6) さっぱりした使い心地にしたい場合は、ここでクエン酸をほんの少し加えましょう。楊枝の先を3ミリほど濡らし、そこにクエン酸の粉末をくっつけます。

(7) 材料が溶けるまでよく振って混ぜ合わせます。これで完成!


手作り温泉化粧水の使い心地は?

とろりとしていて優しい肌触り。スーッとお肌にしみこんでいく感じがします。「奥おおえ柳川温泉」の源泉自体が非常になめらか。それにヒアルロン酸やコラーゲンが加わったことで、保湿効果がさらにアップしました。


注意すること

(1) アロマオイルを選ぶ際には、100%天然のエッセンシャルオイルを選んで下さい。合成香料が含まれているものは使わないようにしましょう。

(2) ご使用前には必ずパッチテストを行い、お肌に異常がないことを確かめて下さい。ご使用中に赤みやかゆみなどの異常が現れた場合には、 直ちにご使用を中止し、皮膚科の専門医にご相談下さい。


おわりに

温泉化粧水を作る際には、それぞれの肌質や好みに応じて、材料や分量を変えてみるとよいでしょう。自分であれこれ試してみるのも手作りならではの楽しさですね。世界に一つしかない、あなただけの化粧水を手に入れてみませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加