栄養士イチ押しの栄養素!発育のためのビタミンB2の効果、とりいれ方

栄養士イチ押しの栄養素!発育のためのビタミンB2の効果、とりいれ方
みさみさ
執筆を依頼する
今回は発育のためのビタミンといわれるB2の効果的な取り入れ方をご紹介します。

美容に良いビタミンというと、どうしてもビタミンCだけが注目されがちですが、実はビタミンC以外にも美容に良い栄養素はたくさんあります。その中でも栄養士がイチ押しする栄養素が発育効果のあるビタミンB2です。それではビタミンB2とはいったいどのような働きがあって、どのように摂取すればいいのでしょうか。


大人にも大切な「発育のビタミン」

ビタミンB2の最大の特徴は発育に大きく関わっているという点です。成長を促す作用があり、皮膚・髪・爪などありとあらゆる細胞の成長を促します。成長と聞くと大人には関係のない話に聞こえてしまいますが、実は大人にも成長が必要なのです。

人間の細胞は常に死滅と再生を繰り返しています。大人にとっての成長とは、この再生の部分に当たるのです。ですからビタミンB2が不足してしまうと、あらゆる細胞の再生がうまく行われず、肌荒れや髪のパサつき、爪の変形など、体中の不調を引き起こしてしまうのです。

しかし逆に言うとビタミンB2を上手く摂取していれば、体中の細胞がきちんと再生され、常に新しい細胞で満たされるわけです。肌や髪の細胞が新しいもので満たされていれば、当然美肌・美髪効果に繋がっていきますよね。しかもビタミンB2のすごい所はそれだけではありません。


脂肪を排出!体質改善やダイエットまで!?

ビタミンB2のもう一つの働きは、体内の脂肪を分解し排出する手助けをしてくれるということです。過剰に摂取しすぎた脂質や、体内に蓄積された脂質を分解して排出してくれることにより、脂症やオイリー肌の人が体質改善されたり、ダイエットの際にも大きなサポートをしてくれるのです。

また脂質の中でも動脈硬化などに大きく影響があるとされる過酸化脂質を分解するのに関わっているため、美容だけでなく健康に関しても大きな役割を果たしているのです。


ビタミンB2を効率よく摂取するには!?

ビタミンB2は動物性の食品に多く含まれています。中でも良質で摂取しやすいものがレバーです。ビタミンB2は水溶性ビタミンでは珍しく熱に強いという特徴を持っています。ですからレバーなどのように加熱しなければいけない食品からも効率よく摂取できるのです。

しかし、ビタミンB2にはいくつかの弱点があります。その事を理解していないと摂取したつもりでも、実はなかなか摂取できていないということになっていまいます。

その弱点とは水に溶け出しやすいという点です。水溶性ビタミンはもともと水に溶けた状態で存在しています。ですから水で洗ったり水に浸したりという行為で、ビタミンがどんどん溶けだしてしまうのです。特に、レバーは臭み抜きの為に水や牛乳に長時間浸けておいたりしますので、注意が必要です。

また煮物などにしてしまうと、煮汁にビタミンB2が溶け出してしまったりするので、ビタミンB2を効率よく摂取したいのなら煮物よりも焼いたり炒めたりの方がお勧めです。他にもアルコールと併せて取ると効果が下がってしまったり、アルカリ性に弱いという弱点もあります。そのため、アルコールやアルカリ性の食品との併用は避けるなどの注意も必要なのです。

これらの注意点を良く理解して、効率の良い摂取を心掛けましょう。


ビタミンBは合わせて摂ろう!

ビタミンB2の働きが優れている事を紹介してきましたが、ビタミンB2という存在はとても不安定な存在です。特に単体では吸収が難しかったり、効果が発揮できなかったりと様々な問題点が指摘されている栄養素でもあります。

ですから健康で美しい体を手に入れる為には、ビタミンB2だけを注目して摂取するというよりも、ビタミンB群と呼ばれる6つの栄養素をひとまとめだと考え、全てをバランスよく摂取する事を心掛けてほしいと思います。
みさみさ
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加