栄養士が勧める「活性酸素を効率的に除去する食べ物」

栄養士が勧める「活性酸素を効率的に除去する食べ物」
みさみさ
執筆を依頼する
今回は活性酸素を効率的に除去する食べ物をご紹介します。

酸素とは人間が生きていく上で必要不可欠なものですが、体内に取り込まれた酸素が変異し活性酸素となった時、体内から体を酸化させてしまうという恐ろしい現象が起こるのです。最近では活性酸素に関する研究が進み、今まで遺伝だと思われてきた癌などの生活習慣病の約90%が活性酸素によるものだったとわかりました。

私達の体に害を与える活性酸素ですが、人間が生きていく上ではどうしても発生を防ぐことはできません。そこで活性酸素を撃退する抗酸化力をアップして、活性酸素とうまく付き合っていくいことが大切なのです。


活性酸素と肌との関係

私達のあらゆる細胞を酸化させてしまう活性酸素は、皮膚の細胞も当然酸化させてしまいます。肌の細胞が酸化されてしまうことで、以下のような影響が出てしまいます。

① メラニンの過剰生成
② 肌細胞の再生の乱れ
③ 真皮層へのダメージ

これらの影響はシミの増加や肌のくすみ、シワやたるみ、乾燥などあらゆる肌トラブルへと繋がってしまうのです。そのため活性酸素が肌を酸化させてしまう前に撃退する必要があります。

活性酸素を撃退する方法は二つあります。一つ目は体内で作られる抗酸化酵素で、活性酸素を撃退すること、そして二つ目は抗酸化作用の高い食品を体内に取り入れて、活性酸素を撃退するという方法です。

しかし問題は体内で作られる抗酸化酵素は、年齢とともに生成されにくくなるという点です。年齢とともにシワやシミが増えていくのはこの所為でもあるのです。そこで重要なのは二つ目の抗酸化栄養素を体内に取り込むという事です。


抗酸化栄養素を多く含む食品

抗酸化作用の高い栄養素として良く知られているのがビタミンEです。ビタミンEは若がえりのビタミンとも呼ばれ、活性酸素による老化を防いでくれるのです。ところが残念なことに現代の日本人はこのビタミンEが不足しがちなのです。なぜならビタミンEを多く含む食品は、ピーナツ・アーモンド・ごま・オリーブオイルなど日本人があまり食事に使う頻度の少ない食品が多いからです。

ただ工夫次第でビタミンEは簡単に摂取する事が出来ます。そこで簡単にできて抗酸化力の高いメニューをご紹介します。


サラダで活性酸素を撃退!

私がお勧めするメニューは手作りドレッシングでサラダを作るという、とても簡単なものです。手作りドレッシングと聞くと、「難しいのでは?」と構えてしまう人もいますが、実はドレッシング作りはとても簡単です。

蓋のできる空きビン(市販のドレッシングが入っていたビンがちょうどいいです)に、オリーブオイルとフルーツ酢(ドリンク用でOK)、塩・コショウを入れてシェイクするだけ。

オリーブオイルとお酢との割合は1:1で、塩・コショウはお好みでOKです。
※塩・コショウはビンに入れにくかったら、後でサラダに直接振っても大丈夫です。

中でも私のお気に入りはミカンやグレープフルーツなどのかんきつ系のお酢を使ったドレッシングです。さっぱりとした後味で、癖が無く食べやすいので、どんな野菜にもあわせる事が出来ます。
※オリーブオイルは酸化しやすいので新鮮な物を使うという事と、作り置きはしないという点に注意して下さい。

ビタミンEはビタミンCやカロテンなどと一緒に摂取する事で、より高い抗酸化力を発揮します。ですから色々な野菜を食べられるサラダは抗酸化力を高めたいときにピッタリなのです。

抗酸化作用を少し意識するだけで、肌だけでなく体全体の健康を高める事が出来るので、ぜひ実践して美と健康を手に入れて欲しいと思います。



みさみさ
執筆を依頼する
このエントリーをはてなブックマークに追加