自宅で簡単!メディカルアロマで「頭痛のケア」

自宅で簡単!メディカルアロマで「頭痛のケア」
今回は頭痛に効くメディカルアロマの使い方をご紹介します。

アロマテラピーは香りを楽しむだけでなく、頭痛や花粉症の症状、肩こりなどを緩和させるために、メディカルアロマとして利用しましょう。

メディカルアロマとして使うエッセンシャルオイルは高品質の精油を使います。

・100%天然
・植物名が学名で明記されている
・成分分析データが開示されている
・原料がオーガニック

<頭痛のためのアロマケア>

頭痛・偏頭痛・片頭痛のケアには、鎮痛作用のあるエッセンシャルオイルを選びます。頭痛の原因からエッセンシャルオイルを選びましょう。


<ストレスや疲れからくる頭痛>

・ローズウッド
・ラベンダー

ストレスによる精神的な緊張から、筋肉の収縮が起こり頭痛となります。神経を使って疲れたときの頭痛には、メリッサがおすすめです。

ストレスからくる頭痛には、冷湿布のタオルを額にのせ、最後に首の後ろに当ててケアしましょう。


<目の疲れからくる頭痛>

・スパイクラベンダー
・ペパーミント

眼精疲労は、筋肉が収縮し血液循環が悪くなります。エッセンシャルオイルを垂らした温湿布で、目の上や首すじ、肩などに当ててケアしましょう。


<肩こりからくる頭痛>

・ペパーミント
・バジル
・ローマンカモミール
・ラベンダー

肩こりからくる慢性的な頭痛には、アロママッサージのオイルで首やこめかみのツボを刺激して、緊張をほぐしながらマッサージしましょう。

<風邪からくる頭痛>

・ジャーマンカモミール
・ローマンカモミール
・ラベンダー
・カユプテ
・サイプレス
・ベルガモット

ハンカチやティッシュ、枕にエッセンシャルオイルを1~2滴を垂らすだけでもケアになります。

外出先などで頭痛に見舞われたり、電車の中で具合が悪くなったりと頭痛は突然やってきます。

頭痛の前兆のサインを見逃さず、窓を開けて深呼吸したり、ストレッチしてみましょう。カフェイン、煙草、チョコレート、チーズなどが頭痛のきっかけをつくるともいわれています。


アロマテラピーは穏やかな作用ですので、慢性的な痛みにも合いますが、痛みが激しかったり、なかなか治らない場合などは病院へ行きましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加