栄養士が教える「正しい柿の葉茶の効果・効能」

栄養士が教える「正しい柿の葉茶の効果・効能」
今回は柿の葉茶の効果・効能についてご紹介します。


ビタミンCが豊富に含まれ、美肌効果が高い事で人気が出ている柿の葉茶ですが、
実は飲み方を間違えるととても危険な飲み物なのです。

ただし、美肌効果を期待できる栄養素が豊富なのも確かです。
せっかくこんなにいい健康茶があるのだから、是非うまく活用して美肌に活かしたいですよね。

そこで、柿の葉茶の上手な活用方法をお教えしたいと思います。


ビタミンCが緑茶の20倍!


ビタミンCが摂取できることで良く知られている緑茶ですが、
実は柿の葉茶は緑茶の20倍ものビタミンCが含まれているのです。

さらに柿の葉茶に含まれるビタミンCは、「プロビタミン」と呼ばれ、加熱しても壊れないビタミンCなんです。
温かい飲み物でレモンの10倍以上ものビタミンCが摂れるのは、柿の葉茶だけなんですよ。

ビタミンCを摂取するために果物をたくさん摂取してしまうと、糖分やカロリーが気になってしまいますが、
柿の葉茶ならそんな心配もなくビタミンCだけを効率よく摂取できるのです。


ノンカフェインだから安心


健康茶のほとんどにカフェインが含まれている中で、柿の葉茶は何とノンカフェイン。
毎日コーヒーや紅茶を多く飲む人は、カフェインの摂りすぎが気になりますよね。

でも柿の葉茶はノンカフェインなので、妊婦や小さな子供でも安心して飲む事が出来るのです。


問題は豊富なタンニン


柿の葉茶には豊富なポリフェノールも含まれています。
それがタンニンです。
タンニンは体に嬉しい効果と、体にとって嬉しくない効果の両方を持ち合わせています。
少量ならば健康にとてもいいのに、摂りすぎる事で逆に健康を害してしまうのです。

まずはタンニンのメリットから紹介します。

① 抗菌効果で風邪予防や虫歯予防
② 抗酸化作用でアンチエイジング
③ 解毒作用で二日酔い改善
④ 脂肪吸収の抑制でダイエット効果
⑤ 便を固め下痢止め効果

またこの他にも柿タンニンには消臭効果があるとされていて、口臭や体臭の改善にも効果があるようです。

これらの嬉しいメリットに対して、デメリットがこちらです。

① 便を固める効果で便秘悪化
② 鉄分吸収を阻害し貧血
③ 胃粘膜を刺激し胃酸を弱くする

タンニンを摂取しすぎると、これらの影響が出る恐れがあります。
特に柿の葉茶はタンニンの含有量が非常に豊富です。
ですから柿の葉茶を飲みすぎると、どうしてもタンニンの過剰摂取に繋がってしまうのです。

タンニンに気を付ける為に


柿の葉茶は確かにタンニンを多く含んでいますが、だからと言って柿の葉茶の美肌効果を諦める必要はありません。
下記の飲み方さえしっかりと守れば、私たちの肌の強力な味方になってくれるのです。

① 一日1~2杯までにする
② 空腹時は避ける
③ 貧血気味・便秘気味の時は避ける

また高温のお湯で出すのではなく70度のお湯でゆっくりと出す事で、タンニンが出る量を減らす事が出来ます。
これらの飲み方をきちんと守って、柿の葉茶の高い美肌効果を味方につけましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加